アン・ハサウェイが恐ろしい大魔女に ロバート・ゼメキス監督作『魔女がいっぱい』12月4日公開

アン・ハサウェイが恐ろしい大魔女に ロバート・ゼメキス監督作『魔女がいっぱい』12月4日公開

 アン・ハサウェイ主演映画『The Witches(原題)』が、『魔女がいっぱい』の邦題で12月4日に劇場公開されることが決定した。

 本作は、『チャーリーとチョコレート工場』の原作者ロアルド・ダールのもうひとつの人気作を、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のロバート・ゼメキスが監督を務め映画化したファンタジー。

 豪華ホテルに現れた美女は、世界一恐ろしい大魔女“グランド・ウィッチ”。実は魔女は世界中に潜んで人間にこっそり悪さをしている。彼女たちの秘密の企みと偶然それを知ってしまった少年の運命とは。

 大魔女“グランド・ウィッチ”を演じるのは、『プラダを着た悪魔』『マイ・インターン』のハサウェイ。製作陣には、『シェイプ・オブ・ウォーター』でアカデミー賞監督賞を受賞したギレルモ・デル・トロ、『ゼロ・グラビティ』『ROMA/ローマ』のアルフォンソ・キュアロンなど、ハリウッドを代表する監督たちが集結した。

 さらに『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』でアカデミー賞助演女優賞を受賞したオクタヴィア・スペンサー、『プラダを着た悪魔』でハサウェイと名コンビを見せたスタンリー・トゥッチらが脇を固める。

 また、公開決定にあわせて大魔女“グランド・ウィッチ”率いる魔女たちが集結した場面写真も公開された。

■公開情報
『魔女がいっぱい』
12月4日(金) 全国公開
監督:ロバート・ゼメキス
製作:ギレルモ・デルトロ、アルフォンソ・キュアロン
出演:アン・ハサウェイ、オクタビア・スペンサー、スタンリー・トゥッチ
原作:ロアルド・ダール『魔女がいっぱい』(評論社)
配給:ワーナー・ブラザース映画
(c)2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる