『24 JAPAN』仲間由紀恵が隠す秘密 桜田ひよりの逃走劇に手に汗握る

『24 JAPAN』仲間由紀恵が隠す秘密 桜田ひよりの逃走劇に手に汗握る

 今週の獅堂(唐沢寿明)はCTUから動かない。と言っても、各話が現実の1時間を描いており、第3話が総選挙当日の午前2時から3時を取り上げていることを考えれば、まったく不自然ではない。にもかかわらず、妻の六花(木村多江)と娘の美有(桜田ひより)は外出中。獅堂家、緊急事態である。

 『24 JAPAN』(テレビ朝日系)第3回。物語の流れを追うと、獅堂とCTU、美有と寿々(柳美稀)、美有を探す六花と寿々の父・函崎(神尾佑)、七々美(片瀬那奈)と神林(高橋和也)、そして朝倉麗(仲間由紀恵)と朝倉家の5つのシーンがリアルタイムで進行している。

 US版『24 -TWENTY FOUR-』を踏襲する本作で、もっとも「JAPAN」らしさが出せるとすれば、麗の登場シーンだろう。オリジナル版の黒人大統領を女性総理候補に変更しており、それによって政治状況や家族関係が変わってくる。麗が終始険しい顔をしている理由は、史上初の女性総理を目指す重圧だけではない。ニュースキャスターの山城まどか(櫻井淳子)に聞かされたあることが頭を離れないのだ。

 こういう時、麗の夫である遥平(筒井道隆)が支えればいいのにと思ってしまうが、麗は夫には相談せず、情報屋の上州(でんでん)に会いに行く。夫婦の間に隠し事があるというと2020年1月期に放送された『10の秘密』(カンテレ・フジテレビ系)を思い出す。同作は、向井理演じる夫が妻役の仲間由紀恵の残した秘密を探っていくストーリーだった。『24 JAPAN』で麗は全てを知って、それを一人で背負い込もうとする。

 コネと学歴のある遥平も決して無能ではないのだろうが、SPの金田一(天野嘉久)に感情的な態度を取る姿を見るにつけ、若干の不安を感じることも事実だ。夫婦の間の溝を知ってか、長男の夕太(今井悠貴)は表向き良い息子を演じるが、それがかえって不穏な空気を醸し出す。今にも倒壊寸前の朝倉家。アップルパイなんか食べている場合じゃない。

 本名を明かさない上州は、いかにも裏の世界にいそうなフィクサー然とした男。上州の登場シーンは良い意味で日本臭さがあり、名バイプレイヤーのでんでんが強烈な存在感を放っている。流れているのが哀愁系の劇伴なのも効果抜群だった。ちなみにこれで総理候補が天海祐希だと『緊急取調室』(テレビ朝日系)になってしまうので、仲間由紀恵で正解だと思う。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる