木村佳乃、吉田羊、仲里依紗が息子自慢合戦!? 奥平大兼、宮世琉弥、藤原大祐に信頼を寄せる

木村佳乃、吉田羊、仲里依紗が息子自慢合戦!? 奥平大兼、宮世琉弥、藤原大祐に信頼を寄せる

 10月23日よりスタートするTBS金曜ドラマ『恋する母たち』の制作発表記者会見が10月17日に都内で行われ、木村佳乃、吉田羊、仲里依紗、奥平大兼、宮世琉弥、藤原大祐が登壇した。

 柴門ふみの同名漫画を原作に、大石静が脚本を手掛けるラブストーリー。主人公の石渡杏(木村佳乃)は、11年前に夫に突然失踪されて以来、不動産屋でパートをしながら一人息子を育て、有名進学高校に入学させたシングルマザー。杏の息子と同じ名門校に通う息子を持つのは、キャリアウーマンの林優子(吉田羊)とセレブ妻の蒲原まり(仲里依紗)。三者三様の家庭環境にいる母たちは、一見幸せそうな生活を送りながらも、誰にも言えない秘密と悩みを抱えていた。

木村佳乃

 19年ぶりにTBS系ドラマで主演を務める木村は「時の流れを感じますね」としみじみ。もともと原作マンガのファンだったことを明かし、出演決定時には「えーっ、嬉しい!」と歓喜したそう。一方で、杏はこれまでにないタイプの役柄だといい、「大変新鮮です」と木村。共感できるところを聞かれると、「客観的になかなか見れない状態。杏として考えちゃっているので、切り離せない」と役に没頭している様子だった。

 キャリアウーマン役を演じる吉田は「家にいるよりも仕事をしているほうが落ち着く、母性に確信がもてない人というのは、共感できる部分」とコメント。また仲は、18歳の子どもをはじめ、3人の子どもがいる役どころ。長男を怒るシーンではテストを繰り返したといい、「自分の息子が大きくなった時に、こうされたらどうするかなと考えてみました。今まではそんなこと、考えたことがないんですけど」と振り返った。

奥平大兼

 優子の息子・大介役を演じる奥平は、引きこもりかつ反抗期という大介に「共感できる部分がない」と苦笑い。自身の反抗期はすでに終わっていると明かし、吉田に対して「強く当たってしまうのが申し訳なくて。毎回毎回、心が痛い」と吐露していた。

宮世琉弥

 まりの息子・繁秋役の宮世は、役柄について「反抗期で、成績がビリで」と切り出すも、「名門校のビリなので、普通の高校ならいいほうだと思う!」と熱弁。ずっとヘッドホンをしているところに共感するといい、劇中同様、実際に母親からヘッドホンを外すよう注意されたこともあるのだとか。また実生活でも妹がいると打ち明け、「料理も作ってあげるので、そこは演じやすかった。こう見えて、お兄ちゃんやってます」とほほえんだ。

 杏の息子・研役を演じる藤原は、「研は母親が喜ぶことをしてあげたいと思うような優しさがある子」と紹介。「成績は(下)から2位。でも不真面目なわけじゃなくて、ちゃんと勉強してるのに点が取れないっていう逆に可哀想な子です」と話して笑いを誘い、自身との共通点は「母親想いのところ」と目を輝かた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「レポート」の最新記事

もっとみる