原田泰造、“はぐれ刑事”を引き継ぐ? さまざまな作品で魅せる抜きんでた主演力

原田泰造、“はぐれ刑事”を引き継ぐ? さまざまな作品で魅せる抜きんでた主演力

 ただ、そんな原田も大河ドラマでは全く違う表情を見せる。初の大河ドラマ『篤姫』(NHK総合)での大久保利通役では田舎侍から維新の英傑に育っていく過程を見事演じ切り、最終回で暗殺される最期のシーンも話題となった。また、『龍馬伝』(NHK総合)での新撰組の近藤勇役、使命感に突き動かされ狂気寸前の殺意が漲っており、迫力が尋常ではなかった。ちなみに『花燃ゆ』(NHK総合)での吉田松陰の兄・杉梅太郎役では彼の持ち味である人情味が抜群にマッチしていた。

 実は原田自身、無類の映画好きとしても知られており、映画についての対談コーナーも担当している。またかなりの読書家、かつ歴史好きらしく、大河ドラマの配役発表後のインタビューでは「大河ドラマって、歴史小説を読んでその人のことを知って、撮影現場に行ってその人物になれる楽しさがあります」と語っていた(参考:【花燃ゆインタビュー】原田泰造「松陰を家族がどう支えたかを見てほしい」 吉田松陰を温かく見守り続けた兄の杉梅太郎役|エンタメOVO)。役作りのために偉人の墓参りや所縁のある場所を訪問したり、資料集めまでするようだ。ここでも彼の大切なもの、つまり偉人たちの熱量や志、使命感を“託される”側だという受容体質がいかんなく発揮されている。

ドラマスペシャル『はぐれ刑事三世』 2020年10月15日(木)放送 予告動画

 そう考えると今回の『はぐれ刑事三世』での原田の抜擢も改めて頷ける。予告編でも「史上最も騙される刑事」「超お人好し」の言葉が並んでいたが、原田演じる浦安刑事は“普段はとぼけて昼行燈を演じているものの、実は敏腕な男”ということで、これぞ原田泰造本人に近しいキャラクターと言えるかもしれない。先代が築いてきた本シリーズの素材を彼がどのように調理して、自分のものとして昇華させるのか、相棒役の内田理央、妻役の真飛聖との掛け合いと共に今から楽しみだ。

■楳田 佳香
元出版社勤務。現在都内OL時々ライター業。三度の飯より映画・ドラマが好きで劇場鑑賞映画本数は年間約100本。Twitter

■放送情報
『はぐれ刑事三世』
テレビ朝日系にて、10月15日(木)20:00~21:48放送
出演:原田泰造、内田理央、立川談春、真飛聖、しゅはまはるみ、紺野まひる、佐戸井けん太、忍成修吾、藤井美菜、逢沢りな
脚本:大上忠稔
監督:大谷健太郎
ゼネラルプロデューサー:関拓也(テレビ朝日)
プロデューサー:浜田壮瑛(テレビ朝日)、島田薫(東映)
制作:テレビ朝日、東映
(c)テレビ朝日

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる