『スパイダーマン』がマルチバースをけん引する? 全てのマーベル映画の垣根を取っ払う衝撃

『スパイダーマン』がマルチバースをけん引する? 全てのマーベル映画の垣根を取っ払う衝撃

  新型コロナウイルスの感染拡大により、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のスケジュールが大幅に変更された。2019年7月に公開された『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』以降、空白の1年間となってしまったMCUだが、最近にわかに新情報が明かされ、話題を集めている。

『アメイジング・スパイダーマン2』 (c) 2014 Columbia Pictures Industries, Inc. and LSC Film Corporation. All Rights Reserved. | MARVEL and all related character names: (c) & TM 2020 MARVEL.

 「The Hollywood Reporter」の報道によると、MCU版『スパイダーマン』の第3作に、『アメイジング・スパイダーマン2』に登場したヴィラン“エレクトロ”(ジェイミー・フォックス)が再登場するとのこと。トム・ホランドが演じるスパイダーマンとアンドリュー・ガーフィールドが演じた『アメイジング・スパイダーマン』の世界がつながっているのでは?と大きな話題となった。アメコミに詳しいライターの杉山すぴ豊氏は、エレクトロの登場について以下のように整理する。

「『スパイダーマン』の新作にエレクトロが出ると聞いたときに、いわゆるスパイダーバースの概念が導入されるんだろうなと思いました。現時点だと2つの可能性があり、トム・ホランドのスパイダーマンの世界に、元からエレクトロがいたというパターンと、何らかの形でトム・ホランドが『アメイジング・スパイダーマン』の世界に行き、エレクトロと会うパターン。この2つのうちどちらが選ばれるのかが焦点になってくると思います」

 『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の最後には、J・K・シモンズが演じたデイリー・ビューグル編集長のジェイムソンが登場した。サム・ライミが監督した『スパイダーマン』と同名キャラであり、同じ役者が演じたということで思わぬサプライズとなった。

「トビー・マグワイアの世界とは違うジェイムソンがトム・ホランドの世界にもいるんですけど、演じるのはどちらもJ・K・シモンズなのでわかりにくくなっているんでしょうね。その考えで、エレクトロも同じ役者が演じる別のキャラクターという可能性はあります。さらにジェイミー・フォックスが『今度のエレクトロは青じゃないかもしれない』と発言しているんです。なので、『アメイジング・スパイダーマン』と違う新たなエレクトロが観られるかもしれません。かつジェイミー・フォックスはInstagramに、エレクトロがトム・ホランド、アンドリュー・ガーフィールド、トビー・マグワイアの3人のスパイダーマンと対峙しているファンアートをあげていました。その後すぐに削除されてしまったのですが、この示唆が現実ならば、次回の『スパイダーマン』は実写版スパイダーバースになってくるんじゃないかと思います。

 実写版『スパイダーバース』となると、『アベンジャーズ /エンドゲーム』を彷彿とさせるスペクタクルが期待できそうだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画シーン分析」の最新記事

もっとみる