野間口徹が井ノ原快彦らの自然体演技を明かす 『461個のおべんとう』インタビュー映像公開

野間口徹が井ノ原快彦らの自然体演技を明かす 『461個のおべんとう』インタビュー映像公開

 井ノ原快彦主演映画『461個のおべんとう』より、野間口徹のインタビュー映像が公開された。

 本作は、高校生の息子のために毎日お弁当を作り続け、その記録をSNSで発信してきたTOKYO No.1 SOUL SETの渡辺俊美の書籍『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』(マガジンハウス刊)を実写映画化した人間ドラマ。

 ミュージシャンでありながら毎日息子のためにお弁当を作る主人公・鈴本一樹役をV6の井ノ原、一樹の息子・虹輝役をなにわ男子の道枝駿佑が演じる。『キセキ ーあの日のソビトー』『泣くな赤鬼』の兼重淳が監督を務め、原作者の渡辺が自ら音楽を手がける。

映画『461個のおべんとう』メイキング・インタビュー映像 -野間口徹編-

 井ノ原演じる一樹が所属するバンド「Ten 4 The Suns」を長年支えるマネージャー・徳永保を演じた野間口。公開された映像では「監督が柔らかい方なので、現場の雰囲気も良く、のびのびと過ごさせていただきました」と語るように、『キセキ ーあの日のソビトー』でもタッグを組んでいた兼重監督や、共演した井ノ原、KREVA、やついいちろうと楽しそうに談笑する姿が映し出され、撮影現場の和気あいあいとした雰囲気を垣間見ることができる。

 さらに「井ノ原さんの雰囲気でだと思うんですけど、井ノ原さんだけじゃなく、KREVAさんとか、やついさんとかもすごくナチュラルな芝居をされる方々だったので、それに度肝抜かれましたね。こんなスッと(演技に)入るんだって。なんであんなことできるんだろうって、不思議なんですよ」と続け、井ノ原らの自然体の演技に衝撃を受けたことを明かした。

■公開情報
『461個のおべんとう』
11月6日(金)全国公開
出演:井ノ原快彦、道枝駿佑(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)、森七菜、若林時英、工藤遥、阿部純子、野間口徹、映美くらら、KREVA、やついいちろう、坂井真紀、倍賞千恵子
原作:渡辺俊美(TOKYO No.1 SOUL SET)『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』(マガジンハウス刊)
監督:兼重淳
脚本:清水匡、兼重淳
企画・製作プロダクション:ジョーカーフィルムズ
製作幹事:ハピネット
配給:東映
(c)2020「461個のおべんとう」製作委員会
公式サイト:461obento.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる