チェン・カイコー総監督『愛しの母国』、チャン・イーモウ製作総指揮『愛しの故郷』連続公開へ

チェン・カイコー総監督『愛しの母国』、チャン・イーモウ製作総指揮『愛しの故郷』連続公開へ

 チェン・カイコー総監督作『愛しの母国』が10月30日より、チャン・イーモウ製作総指揮の『愛しの故郷』が11月6日より、それぞれ1週間限定でグランドシネマサンシャインにて公開されることが決定した。

『愛しの母国』

 『愛しの母国』は、1949年の中華人民共和国の建国から70年を記念して製作された。祖国の7つの歴史的瞬間と関わった7組の名もなき人々の物語を描き、国民一人ひとりの目線から大きな時代の流れを捉える。

 中国を代表するチェン・カイコーを総監督に迎え、最新作『八佰(原題)』が中国で大ヒット中のグアン・フーや、チャン・イーバイ、シュー・ジェン、シュエ・シャオルー、ニン・ハオ、そして、中国で大ヒットを記録した『薬の神じゃない!』の日本公開が控えるウェン・ムーイエらが参加した。

 キャストには、サイモン・ヤム、グォ・ヨウ、リウ・ハオランらが集結。さらに、チェン・カイコーとも同期の監督ティエン・チュアンチュアンが役者としての参加し、日本でも人気のフェイ・ウォンが主題歌を務める。

『愛しの故郷』

 本国中国では興行収入500億円、中国映画歴代興収TOP8の大ヒットを記録。第35回大衆映画百花賞優秀映画賞、第28回上海映画評論学会優秀映画賞、第11回中国映画監督協会年度スペシャル表彰映画賞、第15回長春映画祭金鹿賞、第2回金衆映画青年人気映画賞・年度共感映画賞など多くの賞を受賞した。

 『愛しの故郷』は、中国では2020年10月1日より『愛しの母国』の姉妹編ともいうような形で公開がスタートし、国慶節期間4日間で最速で興行収入10億元(約155億円)を超えNo.1を獲得。チャン・イーモウが製作総指揮を務めた本作は、彼が認めたこれからの中国映画界を担っていくであろう新たな才能が集結した作品で、『愛しの母国』とは違いコメディ色が強めとなっている。

 それぞれの作品のポスターと予告編も公開。『愛しの母国』は、さまざまな人々の表情が印象的な仕上がりになっている。『愛しの故郷』は、5つの家族の暖かな表情が切り取られている。

映画『愛しの母国』予告編
映画『愛しの故郷』予告編
Arrow
Arrow
『愛しの母国』
ArrowArrow
Slider

■公開情報
『愛しの母国』
10月30日(金)より、グランドシネマサンシャインにて1週間限定公開、その後全国順次公開
総合監督:チェン・カイコー  
主題歌:フェイ・ウォン
総合プロデューサー:ホワン・ジェンシン
監督:グアン・フー、チャン・イーバイ、シュー・ジェン、シュエ・シャオルー、ニン・ハオ、ウェン・ムーイエ
出演:ホアン・ボー、オウ・ハオ、レン・スーシー、チャン・イー、ハン・ハオリン、ファン・ユジェ、リウ・タオ、サイモン・ヤム、カラ・ワイ、ドゥー・ジアン、チュー・イーロン、グォ・ヨウ、ワン・ドン、ティエン・チュアン・チュアン、リウ・ハオラン、アーサー・チェン、ソン・ジア、トン・リーヤー
配給:wow cool entertainment
配給協力:東京現像所
2019年/中国/シネスコ/155分/中国語/日本語字幕:西村マサ、胡晶坤、濱野茉茉
(c)2019Huaxia Films
公式サイト:www.wowcoolentertainment.com

『愛しの故郷』
11月6日(金)より、グランドシネマサンシャインにて1週間限定公開、その後全国順次公開
製作総指揮:チャン・イーモウ
総企画:チャン・イーバイ
総監督:ニン・ハオ
監督:ニン・ハオ、チェン・スーチェン、シュー・ジェン、ダン・チャオ、ユー・バイメイ、ポン・ダーモ、イエン・フェイ
出演:グォ・ヨウ、ホアン・ボー、ワン・バオチャン、リウ・ハオラン、ドン・ズージェン、トン・リーヤー、ファン・ウェイ、タオ・ホン、チャン・イー、ダン・チャオ、イエン・ニー、スン・リー、シェン・トン、マーリほか
配給:wow cool entertainment
2020年/中国/シネスコ/152分/中国語
(c)BEIJING JINGXI CULTURE&TOURISM CO.,LTD /CHINA FILM CO.,LTD
公式サイト:www.wowcoolentertainment.com

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる