太平洋の離島で起こる奇妙な異変の数々 『ウッドランド』10月16日公開決定

太平洋の離島で起こる奇妙な異変の数々 『ウッドランド』10月16日公開決定

 ジョン・シルヴァーバーグ監督作『ウッドランド』が10月16日より公開されることが決定し、予告編とポスタービジュアルが公開された。

 2016年、シルヴァーバーグの短編監督作『Disappeared(原題)』が、カナダ・ショートフィルムフェスティバルの最優秀短編賞のファイナリストに選ばれた。そして、リチャード・ハーモンが主演を務めた本作を脚本・監督し、2018年のウィスラー映画祭で最優秀カナダ長編映画賞のボロス賞にノミネートされた。

 フォトジャーナリストのジェイク(リチャード・ハーモン)は、妻と幸せな生活を送っていたが、とある出来事がきっかけで妻と別れてしまう。それによって自暴自棄になったジェイクは仕事を失う。失業中のジェイクは生活のため働き口を探していた。ある日、新聞で太平洋の離島にあるロッジの監視員の求人広告を発見し、応募して採用される。

 ジェイクは自分自身の問題を抱えたまま、就職先の太平洋の離島にあるロッジへ。そこで島の唯一の住人である、ロッジのベテラン管理人スパーキー(フィリップ・グレンジャー)と出会う。 スパーキーに仕事を教わりながら、自分の暗室を作り自然の中で写真を撮ることで徐々に心癒されていくジェイクだったが、まもなく彼の撮った写真に奇妙なものが写り込むようになる。

 公開されたポスタービジュアルは、カメラを構えるジェイクの姿とともに、「たとえ、世界の果てまで逃げたとしても自分の中の悪魔からは逃れられない」とコピーが切り取られている。

『ウッドランド』予告編

 予告編は、主演のハーモンのメッセージから始まり、太平洋の離島訪れるジェイクの姿から、島で起きる異変の一端まで映し出されている。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■公開情報
『ウッドランド』
10月16日(金)全国公開
監督・脚本: ジョン・シルヴァーバーグ
出演:リチャード・ハーモン、フィリップ・グレンジャー、フランク・C・ターナー、キャサリン・ジャック、アマンダ・タッピング
配給:イオンエンターテイメント
原題:Woodland/2018年/カナダ/英語/89分/カラー/シネマスコープ/字幕:種市譲二/映倫区分:PG12
(c)2018 CRYPTO PRODUCTIONS LTD.
公式サイト: https://woodland-movie.com/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる