ディオールが撮影協力、エルメス専属調香師が監修 『パリの調香師 しあわせの香りを探して』公開へ

 ディオールが撮影協力を行い、現エルメスの専属調香師が監修したフランス映画『Les Parfums(原題)』が、『パリの調香師 しあわせの香りを探して』の邦題で2021年1月15日に公開されることが決定した。

 本作は、パリを舞台に、世界最高峰で勝負する女性調香師の再起を描く人間ドラマ。天才調香師アンヌに扮するのは、『キングス&クイーン』『ヴィオレット ある作家の肖像』のエマニュエル・ ドゥヴォス。また、人付き合いの苦手なアンヌのよき“バディ”として彼女をサポートする運転手ギヨームをグレゴリー・モンテルが演じる。知られざるトップ調香師の世界を描くにあたり、ディオールが撮影協力を行い、ジョー マローンで多くのヒット香水を手がけ、現エルメスの専属調香師クリスティン・ナーゲルが監修を務めた。

 アンヌは、ディオールの香水“ジャドール”をはじめ、 世界中のトップメゾンの数々の香水を作った天才調香師。しかし、4年前のある日、ヒット作を生み出さなければいけないプレッシャーと忙しさで、 突如嗅覚障害になり地位も名声も失ってしまった。嗅覚が戻った現在は昔から付き合いのあるエージェントから紹介される企業や役所の地味な仕事だけを受け、他人と関わりを持たず、 パリの高級アパルトマンでひっそりと暮らしていた。そんな彼女に運転手として雇われたのは、離婚して娘の親権を元妻に奪われそうになっているうえに職も失いかけ、まさに“人生崖っぷち”状態のギヨーム。 境遇も性格もまるで正反対の二人だが、気難しくわがままなアンヌに振り回されながらも正面から彼女と向き合うギヨームは、アンヌの閉じていた心を少しずつ開いていく。

 あわせて公開されたビジュアルでは、「人生を豊かにする調合は一つじゃない」というコピーとともに、アンヌとギヨームの姿が切り取られている。

■公開情報
『パリの調香師 しあわせの香りを探して』
2021年1月15日 (金)、Bunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開
監督・脚本:グレゴリー・マーニュ
出演:エマニュエル・ドゥヴォス、グレゴリー・モンテル、 セルジ・ロペス、ギュスタヴ・ケルヴェン、ゼリー・リクソン、ポリーヌ・ムーレン
配給:アット エンタテインメント
原題:Les Parfums/フランス映画/フランス語/2019年/101分
(c)LES FILMS VELVET – FRANCE 3 CINEMA
公式サイト:parfums-movie.com

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる