主演エリシア・ロタルからのメッセージ含む予告編も 『キル バード 森に潜む反逆者』10月9日公開決定

主演エリシア・ロタルからのメッセージ含む予告編も 『キル バード 森に潜む反逆者』10月9日公開決定

 ジョー・サネッティ監督の長編デビュー作『Killbird(原題)』が、『キル バード 森に潜む反逆者』の邦題で10月9日より公開されることが決定した。

 本作は、プロデュースや監督を務めた短編映画『The Chase(原題)』『The Slumber Party(原題)』が映画祭で高い評価を受けるだけでなく、ビデオゲームのプロデュースも務めており、ハリウッドメジャーと共同でゲーム制作も進めているサネッティ監督が手がけたスリラー。

 テイラー・クレインは、森の中でバードウォッチングをしていたところ、車が故障し、立ち往生してしまう。頼るものもない彼女は、助けを求めて森をさまよっていたところ、離れたところに1軒の小屋を見つけた。ようやく辿り着いた小屋をノックすると、中から、リアド・ビシャラと名乗る男が現れた。その男は自身をエドワード・スノーデンになぞらえており、テイラーはリアドのことをCIAからの逃亡犯では?と疑うようになる。

 一方のリアドは、テイラーが実は政府のエージェントではないか?と疑い始め、その疑念から、彼女を拘束し縛り上げ、尋問する。一瞬の隙をついて逃げ出そうとしたテイラーだったが、別のCIAエージェントもまた、この小屋で囚われていることを知る。しかも囚われの身であるはずのエージェントが、なぜかリアドに同調している。テイラーは、真実を突き止めるために、危険に晒されながらも、再びリアドに近づいていく。

映画『キル バード 森に潜む反逆者』予告編

 公開された予告編は、テイラーが森でさまよい、リアドの小屋を発見するシーンから始まるり、お互いの情報が明かされるにつれ疑心暗鬼に陥っていく姿が切り取られている。なお、映像の冒頭には、テイラー役で主演を務めたエリシア・ロタルから日本に向けたメッセージが収められている。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■公開情報
『キル バード 森に潜む反逆者』
10月9日(金)全国ロードショー
監督:ジョー・サネッティ
脚本:ジェシー・シンド、 ジョー・サネッティ
出演:エリシア・ロタル、スティーヴン・ロボ、ターモー・ペニケット、アーロン・ダグラス
配給:イオンエンターテイメント
原題:Killbird/2019年/カナダ/英語/85分/カラー/ビスタ/字幕:松岡葉子/映倫区分:G
(c)MMXIX Frozen Fish Productions All Rights reserved.
公式サイト:https://killbird-movie.com/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる