大島優子が悲痛な叫び声をあげる 仲野太賀主演映画『生きちゃった』最終予告公開

大島優子が悲痛な叫び声をあげる 仲野太賀主演映画『生きちゃった』最終予告公開

 10月3日公開の映画『生きちゃった』より、最終予告映像が公開された。

 本作は、『舟を編む』『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』『町田くんの世界』などを手がけてきた、石井裕也監督オリジナル脚本による最新作。『町田くんの世界』に続いての石井組となる仲野太賀が主演を務め、若葉竜也、大島優子が共演に名を連ねる。さらに、毎熊克哉、北村有起哉、原日出子、伊佐山ひろ子、嶋田久作らが脇を固め、韓国の映画監督として知られるパク・ジョンボムも出演する。

 幼なじみの山田厚久(仲野太賀)と奈津美(大島優子)、そして武田(若葉竜也)の3人。30歳になった現在、厚久と奈津美は結婚しており、5歳の娘がいる。平凡だがそれなりの生活を送っていたある日、厚久が奈津美の浮気を知ってしまう。あまりにも突然のことで、厚久は怒ることもできなければ悲しむこともできず、感情に蓋をすることしかできなかった。その日を境に、厚久と奈津美、武田の関係は歪んでいき、物語は衝撃的な展開へと向かっていく。

映画『生きちゃった』最終予告

 公開された最終予告は、心臓の鼓動音とともに、主演の仲野演じる厚久の「何でだろう、声が出ないんだ。日本人だからかな」と発する映像シーンから始まる。また、妻・奈津美の浮気現場を目撃する厚久、父親ではない別の男と幸せそうに食卓を囲む厚久の娘・鈴(太田結乃)、原っぱを疾走する母(伊佐山ひろ子)、見知らぬ男性に写真を撮られる厚久と両親の姿が不規則に映し出されたのち、若葉ら出演者の顔が、加速する鼓動音に合わせて次々と切り替わる。そして、悲痛な叫び声をあげる大島の姿で鼓動音が鳴りやみ、最後にピアノの旋律とともに、映画のクライマックスのシーンである車内でむさび泣き感情を剥き出しにした仲野と若葉の姿が映し出されている。

■公開情報
『生きちゃった』
10月3日(土)より、ユーロスペースほか全国公開
脚本・監督・プロデューサー:石井裕也
出演:仲野太賀、大島優子、パク・ジョンボム、毎熊克哉、太田結乃、柳生みゆ、レ・ロマネスク、芹澤興人、北村有起哉、原日出子、鶴見辰吾、伊佐山ひろ子、嶋田久作、若葉竜也
Presented by Heaven Pictures Hong Kong
Co-produced by The Hong Kong International Film Festival Society
Presented by LUO FANG Producer YANG JIN Project Director JACOB WONG Executive Producer JING LEE
共同プロデューサー:永井拓郎、北島直明(日本テレビ)
ラインプロデューサー:榊田茂樹
制作:RIKIプロジェクト、ビッグアーチ
配給:フィルムランド
R-15
(c)B2B, A LOVE SUPREME & COPYRIGHT @HEAVEN PICTURES All Rights Reserved
公式サイト:http://ikichatta.com/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる