石井裕也監督作『生きちゃった』に毎熊克哉、北村有起哉ら出演 仲野太賀の悲痛な表情捉えた特報も

石井裕也監督作『生きちゃった』に毎熊克哉、北村有起哉ら出演 仲野太賀の悲痛な表情捉えた特報も

 10月3日公開の映画『生きちゃった』にパク・ジョンボム、毎熊克哉、太田結乃、柳生みゆ、芹澤興人、北村有起哉、原日出子、鶴見辰吾、伊佐山ひろ子、嶋田久作が出演することが決定。あわせて特報映像が公開された。

 本作は、『舟を編む』『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』『町田くんの世界』などを手がけてきた、石井裕也監督オリジナル脚本による最新作。『町田くんの世界』に続いての石井組となる仲野太賀が主演を務め、若葉竜也、大島優子が共演に名を連ねる。

 幼なじみの山田厚久(仲野太賀)と奈津美(大島優子)、そして武田(若葉竜也)の3人。30歳になった現在、厚久と奈津美は結婚しており、5歳の娘がいる。平凡だがそれなりの生活を送っていたある日、厚久が奈津美の浮気を知ってしまう。あまりにも突然のことで、厚久は怒ることもできなければ悲しむこともできない。感情に蓋をすることしかできなかった。その日を境に厚久と奈津美、武田の関係は歪んでいき、物語は衝撃的な展開へと向かっていく。

 今回発表された追加キャストは、パク・ジョンボム、毎熊、太田、柳生、芹澤、北村、原、鶴見、伊佐山、嶋田の10名。イ・チャンドン監督の助監督を務めた後、『ムサン日記 白い犬』『生きる』などの長編映画の監督作品で知られるパク・ジョンボムは、仲野演じる厚久の兄・山田透を演じ、毎熊は、大島演じる奈津美の不倫相手・洋介を演じる。また、本作が映画初出演となる太田は、厚久と奈津美の娘・山田鈴役、柳生は厚久の元恋人・飯村早智子役を務める。そして、『舟を編む』『ぼくたちの家族』などの映画とドラマ作品を含め石井組が本作で8作目となる芹澤と北村は、本作で起こる“ある事件”に関わる“男”をそれぞれ演じている。そのほか、奈津美の母・杉田美幸役に原、奈津美の運命を左右することになる男・田代役に鶴見、厚久と透の母・山田花子役に伊佐山、父・山田十郎役に嶋田が名を連ねる。

映画『生きちゃった』特報

 公開された特報映像は一切のセリフがなく、蝉の鳴き声、鳩時計の音、そしてむさび泣く声だけが響く中、「今この国に、本当の言葉は無い。本当の思いは誰にも届かない。だから本音を押し殺して……殺して…大切な人が死ぬ……」というテロップが。映像の後半には、映し出される仲野、大島、若葉の悲痛な表情が捉えられている。

■公開情報
『生きちゃった』
10月3日(土)より、ユーロスペースほか全国公開
脚本・監督・プロデューサー:石井裕也
出演:仲野太賀、若葉竜也、大島優子、パク・ジョンボム、毎熊克哉、太田結乃、柳生みゆ、芹澤興人、北村有起哉、原日出子、鶴見辰吾、伊佐山ひろ子、嶋田久作ほか
Presented by Heaven Pictures Hong Kong
Co-produced by The Hong Kong International Film Festival Society
Presented by LUO FANG Producer YANG JIN Project Director JACOB WONG Executive Producer JING LEE
共同プロデューサー:永井拓郎、北島直明(日本テレビ)
ラインプロデューサー:榊田茂樹
配給:フィルムランド
制作:RIKIプロジェクト、ビッグアーチ
R-15
(c)B2B, A LOVE SUPREME & COPYRIGHT @HEAVEN PICTURES All Rights Reserved

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる