『キワドい2人』のテンポの良さを引き立てる名脇役 八嶋智人と江口のりこのかけ合いも見どころに

『キワドい2人』のテンポの良さを引き立てる名脇役 八嶋智人と江口のりこのかけ合いも見どころに

 人情派で生真面目な刑事・神崎隆一(山田涼介)と破天荒な刑事・黒木賢司(田中圭)の凸凹バディが織りなす『キワドい2人-K2-池袋署刑事課神崎・黒木』(TBS系)。そんな本作のテンポの良さを引き立てているのが名脇役2人、八嶋智人と江口のりこだ。

 八嶋は神崎と黒木が所属する池袋署刑事課・強行犯係の統括係長・末長光一、江口は強行犯係の女刑事・木村ともこを演じる。八嶋はコミカルからシリアスまで、さまざまな役柄を演じ分ける幅広い演技力に定評があり、江口もまた、役柄によってガラリと印象を変える俳優だ。なお江口は、現在放送中のドラマ『半沢直樹』(TBS系)にも出演しており、江口演じる国土交通大臣は、『キワドい2人』の木村とは全く異なる表情を見せている。

 八嶋の存在は、本作のコメディ要素を際立たせる。第1話では、お互いに「ベビーフェイス」「塩顔ハラスメント」と罵り合う神崎と黒木に「ベビーフェイス?」「ん、なんで?」「塩顔?」と合いの手を入れる。八嶋のひょうきんな台詞回しもあいまって、このシーンの面白味は増していた。だが、論になった2人に「内輪で揉めてる場合か!」と叱責し、捜査中の2人に的確な指示を出す姿は、まさに彼らを支える頼れる上司。八嶋は、2人に振り回される姿と、支える姿を場面場面で演じ分け、本作の面白さと痛快さのバランスを保っている。

 そして、江口は池袋署刑事課・強行犯係の木村を、頼れる姉貴的な存在としてキャラクターとして魅力的に演じている。第2話で黒木から叱責された神崎に言葉をかけるシーン、木村は「それを裏付ける捜査が必要でしょ」「うちらの仕事はそこだから」とはっきりモノを言い、とやるべきことを諭す。そして時には、「ほい。あげる」と神崎に飲み物を投げ渡したとき、優しい表情を見せる。神崎と黒木、そしてSixTONES ジェシー演じる諸星一朗を自然にサポートしながら、池袋署刑事課・強行犯係の空気を引き締める役割を担っている。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる