森七菜は自身の“才能”とどう向き合ってきた? 『エール』梅役で得た挑戦の精神

森七菜は自身の“才能”とどう向き合ってきた? 『エール』梅役で得た挑戦の精神

「『エール』を通して学ぶことはすごく多い」

ーー第14週は、「才能とどう向き合うのか」というのがひとつのテーマだったように感じます。

森:フィクションである以上、どんな形にもできると思うのですが、『エール』は“成功”だけを描く作品ではありません。誰もが人生で経験する挫折も描いている。自分自身の弱さとどう向き合うのか、そこからどう前に進むのかが、第14週は特に描かれていると感じましたし、演じながら私自身もすごく勇気をもらいました。

ーー森さん自身は役者として、梅のように自身の才能について悩んだことは?

森:私も梅と同じように、「失敗したらどうしよう」「自分がいまやっていることは面白くないかもしれない」と考えることも多かったんです。でも、梅が裕一さんから言葉をもらったように、失敗したら失敗したで、今の自分にできることはこれなんだと思えばいいと。思ったらまずはやってみる、それが一歩先に進むためには大事なんだと。『エール』を通して学ぶことはすごく多いです。

ーー『エール』で共演する先輩の役者たちから学ぶことも多いですか?

森:本当に多いですね。私が台本を読んで感じたものと、実際に完成したドラマとはまったく違うものが出来上がっているんです。窪田さんも二階堂さんも松井さんも薬師丸さんも、どうやったらワンシーンワンシーンをより面白くできるかを常に現場でもお話されていて。皆さんがスタッフさんたちと話す姿を絶対に見逃してはいけないと毎日思っています。

ーー森さんから監督に提案することも?

森:最初は自分から提案する、ということは全然できなくて、助言をいただくばかりだったんです。でも、最近は質問をされたときに、「こうしたいと思ったんです」と自分の意見も伝えられるようになりました。そして、それを受け入れていただく機会も増えて。少しずつ先輩に近づけたのかなと思っています。

■放送情報
連続テレビ小説『エール』
2020年3月30日(月)~11月28日(土)予定(全120回)
※9月14日より放送再開
総合:午前8:00〜8:15、(再放送)12:45〜13:00
BSプレミアム・BS4K:7:30〜7:45
※土曜は1週間を振り返り
出演:窪田正孝、二階堂ふみ、中村蒼、山崎育三郎、森七菜、岡部大、薬師丸ひろ子ほか
写真提供=NHK
公式サイト:https://www.nhk.or.jp/yell/

▼森七菜チェキプレゼント▼

森七菜のチェキを1名様にプレゼント。応募要項は以下のとおり。

【応募方法】
リアルサウンド映画部の公式Twitterフォロー&該当ツイートをRTまたは公式Instagramをフォローいただいた方の中から抽選でプレゼントいたします。当選者の方には、リアルサウンド映画部の公式TwitterアカウントよりDMをお送りさせていただきます。

※当選後、住所の送付が可能な方のみご応募ください。個人情報につきましては、プレゼントの発送以外には使用いたしません。
※複数のお申し込みが発覚した場合、ご応募は無効とさせていただく場合がございます。
※営利目的の転売は固くお断りいたします。発見した場合は然るべき対応をとらせていただきます。

<リアルサウンド映画部 公式Twitter>
https://twitter.com/realsound_m

<リアルサウンド 公式Instagram>
https://www.instagram.com/realsoundjp/

<応募締切>
9月28日(月)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる