大倉忠義&成田凌の新たな表情が 『窮鼠はチーズの夢を見る』はコロナ禍の今こそ観たい作品

大倉忠義&成田凌の新たな表情が 『窮鼠はチーズの夢を見る』はコロナ禍の今こそ観たい作品

 リアルサウンド映画部の編集スタッフが週替りでお届けする「週末映画館でこれ観よう!」。毎週末にオススメ映画・特集上映をご紹介。今週は、中高一貫男子校育ちの島田が『窮鼠はチーズの夢を見る』をプッシュします。

『窮鼠はチーズの夢を見る』

 「ソーシャルディスタンス」が求められる昨今ですが、その距離をなんとか縮めたいと思ってしまう1作が公開を迎えました。『窮鼠はチーズの夢を見る』です。

 『ナラタージュ』『リバーズ・エッジ』『劇場』などこれまで数多くの恋愛映画を生み出し、熱心なファンも多い行定監督の最新作となる本作。役者の予期せぬ表情を切り取ることにも定評ある行定監督が今回主役に抜擢したのは大倉忠義です。そしてそんな大倉の相手役となるのが、成田凌。

 大倉が演じるのは、女性のアプローチを断れない“流され侍”恭一。そしてそんな恭一を密かに想い続けた後輩・今ヶ瀬を成田が演じます。

 今ヶ瀬(成田凌)の猛プッシュになぜか心を動かされ、動揺する恭一(大倉忠義)の表情には、ファンでなくても思わず心を揺さぶられてしまうのではないでしょうか。また成田演じる今ヶ瀬がとにかくキュートで小悪魔的。しかし、その裏にある純粋な恭一への想いが見え隠れするさまを観ると、誰もがこの2人を応援したくなってしまうのではないでしょうか。

 これもやはり行定監督のディレクションあってこそ引き出せた表情かと思います。これまでも1対1の「純愛」を描き続けた行定監督だからこそ出せる“密室感”、特有の温度がこの2人にも生まれているのです。

 同性愛を扱っていることが取り上げられることも多いですが、本作の鑑賞に異性愛・同性愛などの区別はさほど重要ではないと感じます。誰かに恋をした経験がある人なら誰もが思わず、「あ〜分かるな〜」と頷いてしまうでしょう。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「週末映画館でこれ観よう!」の最新記事

もっとみる