『親バカ青春白書』ムロツヨシの監督回は“公私混同”作品? エンドロールも甘酸っぱい特別版に

『親バカ青春白書』ムロツヨシの監督回は“公私混同”作品? エンドロールも甘酸っぱい特別版に

 ムロツヨシが主演を務めるドラマ『親バカ青春白書』(以下『オヤハル』/日本テレビ系)が、9月6日に第6話を迎えた。

 最終回前のセミファイナルとなる今回は、主演のムロツヨシが福田雄一に代わって監督を務めるという前代未聞の回に。『ZIP!』(日本テレビ系)では、撮影現場に密着した映像の中で、ムロが自身で演じながら最後に「カット!」と叫び、永野芽郁が思わず笑ってしまう様子や、ムロが出演シーンをチェックし「もう1回やってもいいですか? 思いっきり芝居、ガタローくんにさせてあげてもいいですか? ちょっと守りに入ってるんで」とスタッフに投げかけるシーンが映し出されていた。

 中でも一つの目玉となったのが、ムロが若者たちと相談して作ったという約10分のワンカット撮影。季節は、大学2年生の冬休み。美咲(小野花梨)の住み着いた小比賀家には、彼氏からのDVにあった寛子(今田美桜)、7つのレポートを抱えた根来(戸塚純貴)、さくら(永野芽郁)が流れで呼んだハタケ(中川大志)までもが転がり込んでくる。ガタロー(ムロツヨシ)を入れた青春シェアハウスの開幕だ。

 ワンカット撮影は、すき焼きの洗い物を担当することになったガタローと寛子の画から、根来のレポートを手伝うさくら。さらに階段を上がっていくさくらの先には、熱心なガタローのファンとなった美咲とハタケが熱い小説談義を開き、「うるさいなぁ」とガタローの元にカメラが返っていくというもの。順繰りに2周した後、ラストはガタローに小説執筆の電話がかかってくるのだが、途中ガタローが寛子に生き方を諭し、根来の美咲への思いが明らかになり、ハタケの口から小説のモデルに「新垣結衣とかハマり役」とメタ発言が飛び出す、かなり濃い10分間となっている。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる