『妖怪シェアハウス』大東駿介の気遣いにギャップ萌え!? 小芝風花の恋は成就するのか?

『妖怪シェアハウス』大東駿介の気遣いにギャップ萌え!? 小芝風花の恋は成就するのか?

 妖怪たちについて書いた澪(小芝風花)のnoteをいつも影ながら応援してくれている「SHIRAHAMA」。彼が職場の上司・原島(大東駿介)であるとほぼ確定すると、澪は彼のことを強く意識し始める。新しい企画のことで打ち合わせをしていてもドキドキが高まっていき、やがて澪は原島のことを好きになっていることに気づく。『妖怪シェアハウス』(テレビ朝日系)第6話では、妖怪たちのアシストを受けながら澪の淡い恋愛模様が描かれていく。

 「釣り合える気がしないんです」。いざ原島のことを好きになってみると、職場でも頼りになる大人な原島と自分とでは不釣り合いなのではないかと悩み始めてしまう澪。伊和/お岩さん(松本まりか)は「今の澪も十分魅力があると思う」と励ますが、それでも澪は、原島に釣り合うような聡明な美女になりたいと悲観的になってしまう。そんな状況を打開するために、伊和/お岩さんは伝説のビューティーアドバイザー・山姥/やまちょす(長井短)を召喚。山姥といえば怖い妖怪だと恐れる澪だったが、登場したのは奇抜なメイクとファッションに身を包んだヤマンバギャルで、そのノリの軽さとハイテンションさにすぐさま圧倒されていく。

 やまちょすのパーソナル診断によって見事に聡明な美女に変身した澪。新企画の取材対象者にもやまちょすを提案しうまく事が運んでいた。しかし取材当日、同席した原島に会ったやまちょすは、原島が何らかの悩みを抱えていることに気づき、澪も気になり始める。その悩みを解決できれば一気に信頼が高まると奮闘する澪。いっそのこと思い切って気持ちを伝えてみようと決意した食事会で、ついに原島が衝撃の事実を打ち明ける。実は原島は結婚していて、奥さんから離婚を迫られているのだという。

 それでも澪は、いきなり訪れた失恋にすぐに気を落とすということはしない。離婚したくないのであればもっと話し合うべきだと原島に伝え、「人を好きになる」ということの尊さを知ったからこそ、原島にも幸せなままでいてほしいと願うのだった。家に帰ってきて泣いてしまう澪。鏡に映る姿は禍々しい妖気を放つ鬼……。澪のことが気になるのか神社の神主・水岡(味方良介)が優しくフォローしていたことも気になりつつ、ヤマンバギャル化した妖怪シェアハウスの住人たちによるパラパラで今回は幕を閉じた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる