イーサン・ホーク演じる強盗犯と人質に友情が芽生える 『ストックホルム・ケース』予告編

イーサン・ホーク演じる強盗犯と人質に友情が芽生える 『ストックホルム・ケース』予告編

 11月6日公開の映画『ストックホルム・ケース』より、予告編が公開された。

 『ブルーに生まれついて』のロバート・バドロー監督とイーサン・ホークが再タッグを組んだ本作は、誘拐事件や監禁事件などの被害者が、犯人と長い時間を共にすることにより、犯人に連帯感や好意的な感情を抱いてしまう心理学用語「ストックホルム症候群」の語源となった、“スウェーデン史上、最も有名な銀行強盗事件”として知られる5日間の立てこもり事件(ノルマルム広場強盗事件)を基にした犯罪映画。

 ホークは、長髪のカツラを被り、アメリカ人風を装って大胆不敵な銀行襲撃事件を起こす、今までにないクレイジーでハイテンションな強盗犯ラース役を演じる。また、不運にもラースの人質になるが、どこか憎めない彼に不思議な感情を芽生えさせていく銀行員ブリジッタ役で、『ミレニアム』シリーズや『プロメテウス』のノオミ・ラパスが出演。ラースの犯罪仲間クラーク役を、『キングスマン』シリーズや『裏切りのサーカス』のマーク・ストロングが演じる。

映画『ストックホルム・ケース』予告編

 公開された予告編は、長髪のカツラを被りアメリカ人の風を装ったラース(イーサン・ホーク)が銀行強盗に入り、人質に取った銀行員のビアンカ(ノオミ・ラパス)との緊張感漂うシーンから始まる。犯罪仲間のグンナーを刑務所から釈放させることに成功し、気持ちが大きくなったラースは、逃亡用の車と金を要求するが、報道陣が銀行前を占拠し身動きが取れなくなる。長期戦になる中、奇想天外でどこか憎めないラースにいつしか人質2人に笑顔が見え、徐々に犯人に味方するようになるさまが、ボブ・ディランの楽曲にあわせて描かれている。

■公開情報
『ストックホルム・ケース』
11月6日(金)、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネマート新宿、UPLINK吉祥寺ほかにて公開
監督・脚本:ロバート・バドロー
製作:ジェイソン・ブラム
劇中歌:ボブ・ディラン 
劇伴:スティーブ・ロンドン
出演:イーサン・ホーク、ノオミ・ラパス、マーク・ストロングほか
提供:ハピネット、トランスフォーマー
配給:トランスフォーマー
2018年/カナダ・スウェーデン/英語・スウェーデン語/92分/シネスコ/カラー/原題:Stockholm/日本語字幕:安藤里絵
(c)2018 Bankdrama Film Ltd. & Chimney Group. All rights reserved. 
公式サイト:http://www.transformer.co.jp/m/stockholmcase
公式Twitter:@stockholmcase

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる