『半沢直樹』帝国航空編スタート 堺雅人と新たな登場人物たちの重厚な演技合戦にも期待

『半沢直樹』帝国航空編スタート 堺雅人と新たな登場人物たちの重厚な演技合戦にも期待

 『半沢直樹』第5話(TBS系)で営業第二部次長に返り咲いた半沢直樹(堺雅人)は、頭取の中野渡謙(北大路欣也)から直々に帝国航空の担当を命じられる。帝国航空は巨額の負債を抱えて破綻寸前の状況にあり、東京中央銀行も700億円の債権を保有していた。一方、新たに国土交通大臣に就任した白井亜希子(江口のり子)が、大臣直属の「再建タスクフォース」を立ち上げ、一律7割の債権放棄を銀行に要求。当選2回の白井は、与党である進政党の重鎮・箕部啓治(柄本明)の後ろ盾を得て、支持率回復を狙う的場内閣の目玉人事として抜擢された。

 大阪西支店での5億円の債権回収にはじまり、老舗ホテルの再建や証券での買収交渉と続いて、今回、対峙するのは日本を牛耳る政治家たち。まるで倍々ゲームのように、半沢が倍返しすればするほど戦う相手も大きくなっていく。実は、中野渡が半沢を登用した陰には、大和田暁(香川照之)の推挙があった。無理難題を押し付けて、成功すれば自分の手柄、失敗すれば全責任を負わせるという大和田の魂胆を見抜いた上で、あえて火中の栗を拾う半沢。そこにはバンカーとしての強い信念があった。

 帝国航空が経営危機に陥った原因はどこにあるのか? 着任早々、社内を視察した半沢は、部下の田島春(入江甚儀)に「ここは腐ってない」と所感を伝える。半沢と単なるコストカッターとの違いは、数字の向こうに「人」を見る視点だ。「日本の空を守ってきた」誇りと気概は帝国航空から失われておらず、半沢は、帝国航空が必ず復活すると断言する。その反面、仕事をたらい回しにするなど縦割りの弊害も見られた。伝統を重んじるあまりセクション間の意思疎通が滞り、それが不正の温床になっていた。

 『銀翼のイカロス』(ダイヤモンド社/講談社文庫)を原作とする『半沢直樹』後半は物語のスケールが大きく、その分、登場人物も多い。半沢と対決するタスクフォースリーダーで弁護士の乃原正太を演じるのは筒井道隆。「トレンディ俳優」として知られる筒井のイメージと真逆の意外性のあるキャスティングに注目だ。開発投資銀行(開投銀)の担当「鉄の女」こと谷川幸代に扮するのは西田尚美。開投銀は帝国航空のメインバンクであり、開投銀の動向が債権放棄の鍵を握る。西田は、堺との共演は映画『南極料理人』(2009年)以来となる。また、タスクフォースと銀行の間で難しい舵取りを迫られる帝国航空社長の神谷巌夫を木場勝己、財務部長の山久登を石黒賢が演じる。さらに、新しく半沢の上司となった常務の紀本平八を段田安則が演じるなど、いぶし銀の実力派が名を連ねており、重厚な演技合戦が期待できそうだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる