芳根京子「明子さんの存在をとにかく知ってほしい」 NHKドラマ『Akiko’s Piano』完成

芳根京子「明子さんの存在をとにかく知ってほしい」 NHKドラマ『Akiko’s Piano』完成

 8月15日にNHK BSプレミアム・BS4Kにて放送されるドラマ『Akiko’s Piano 被爆したピアノが奏でる和音』が完成。主演の芳根京子らキャスト陣より、コメントが寄せられた。

 本作は、終戦から75年の今年、広島に投下された原爆によって命を落とした、ある女性の物語に光をあてたドキュメンタリードラマ。爆風を受けながら、奇跡的に焼け残ったピアノのかつての持ち主・河本明子さんの在りし日の姿を、日記に基づきドキュメンタリーとドラマで描いていく。彼女をイメージしてつ作られた曲「Akiko’s Piano」が、今年8月、広島で世界初演を迎える。演奏には明子さんが実際に使っていた、被爆したピアノが用いられる。

 『べっぴんさん』以来のNHKドラマ出演となる芳根が明子さんを演じるほか、田中哲司、真飛聖、町田啓太が出演する。

 芳根は明子さんを演じてみて、「今の時代は自由ですよね。いま新型コロナの影響で不自由になっていることを不愉快に感じるのは、今までがすごく自由だったから。当たり前の時間、当たり前の日々がどれだけ貴重なものかというのを、これまでも言葉にはしていたけれど、実感、体感したことがなかった。ピアノが弾きたい時に弾けないとか、トマトが食べたい時に食べられないとか、友達と遊びに行きたいのに行けないとか……すごく等身大の19才の願いが叶わない時代だったというのは、演じていて胸が苦しくなりました」とコメントを寄せている。

芳根京子(河本明子役)コメント

当時を生きた女性を演じることの意義や、難しさについて

私は東京出身なので原爆については身近に被害にあわれた方がいなかったのですが、この作品に参加して、知っていると知らないとではすごく違うなと改めて感じました。実際に経験した方がいらっしゃる出来事を演じる怖さというものは感じますが、どんどん知らない人が増えていくなかで、こうして作品に残せること、そしてこういう作品に参加させてもらえることは、自分の人生においてもすごくありがたいことだと思います。

明子さんに共感した部分

今の時代は自由ですよね。いま新型コロナの影響で不自由になっていることを不愉快に感じるのは、今までがすごく自由だったから。当たり前の時間、当たり前の日々がどれだけ貴重なものかというのを、これまでも言葉にはしていたけれど、実感、体感したことがなかった。ピアノが弾きたい時に弾けないとか、トマトが食べたい時に食べられないとか、友達と遊びに行きたいのに行けないとか……すごく等身大の19才の願いが叶わない時代だったというのは、演じていて胸が苦しくなりました

広島の街を訪れて

ほとんど訪れた事が無かったので、広島に行き、原爆ドームなどを一回見てからドラマの撮影にのぞみたいと思っていたのですが、新型コロナの影響で行けなくなってしまいました。そのまま撮影に入ることになってしまい、悔しかったです。ドキュメンタリー部分で実際に広島を訪れ、明子さんが居た場所を自分の足で回ったときに、どういう感情になるのか。明子さんの人生を一度演じただけですが、自分が体験したかのような気持ちでその場所に行けるのは貴重だなと思います。

視聴者へのメッセージ

東京出身でいま23才の私には、言葉にするのが難しくてすごくもどかしいんですけれど、被爆したピアノの存在や、被爆して19才で亡くなった明子さんという女性の存在を、とにかく知って欲しいと思います。やはりわたしと同世代の人たちも引き継いでいかないといけない出来事ですし、この作品に参加させていただいたからこそ感じ取れている部分はあると思うので、言葉で説明するよりも作品を見て頂けたら全部伝わるのではと思っています。

田中哲司(河本源吉役)コメント

雨に悩まされた、三日間の短い撮影でした。
日本人、又は一人の人間として、風化させてはいけない事実。大袈裟かも知れないですが、役者としての義務と言うか、、自分の演技なんて知れたところではありますが、ちょっとした事にも気を抜かず、全力を持って挑まなければいけない作品だと思いました。

真飛聖(河本シヅ子役)コメント

毎日が、いつどうなるかわからない状況の中生きていくというのは、とてつもない緊張感や不安の日々だったことでしょう。でもそんな中、ピアノという夢中になれるものに出会えた明子さんは幸せだったのではないかなと思いました。
明子さんを演じた芳根さんは、とても真っ直ぐな瞳、そしてあの愛らしい笑顔を見た時、なんて心の綺麗な人なんだろうと、愛おしさが込み上げてきました。健気な姿も明子と重なりとても魅力的な女性だと思いました。
勿論、75年前に本当に起こった出来事なので楽しんで見てくださいという言い方は違うと思うのですが、事実だからこそ、その時代を懸命に生きた方達の真っ直ぐな想いを受け取っていただけたら嬉しく思います。河本家のキーワードは「トマト」です。

町田啓太(竹内役)コメント

実際に75年前にあった出来事で、僕はその時の事を、人から聞いたり資料でしか見たことはありませんが、今こうして命があるということや、人として命に対してどうあるべきなのか今の自分なりに改めて考えさせられました。
僕自身、演じさせて頂くことで、そのきっかけをもらえて感謝しています。
芳根さんは芯があり周囲を明るく照らすようなエネルギーに溢れている方だなという印象を受けました。そんな芳根さんだからこそ明子役にピッタリで、きっとこの作品をご覧になる方々の心に深く残るのではと思います。
明子さんとピアノ、そしてこの時代にあったことをみなさんと一緒に考えられると思いますし、一人でも多くの方とその時間を共有できることを願っています。

藤倉大(作曲家)コメント

(C)Seiji Okumiya

この協奏曲を去年8ヶ月ほどかけて作曲しました。8ヶ月ほどずっと明子さんと一緒に生活していたような気分です。
この協奏曲の主なメッセージは Music for Peace です。
しかしながらそれを一作曲家として、明子の個人的な視点に集中して表現したいと思います。 普遍的な主題を伝えるために微視的な視点から進めるのです。政治に何の力も持たない 19 歳の普通のアメリカで生まれた少女である明子の視点なのです。
これまでのあらゆる戦争、世界のあらゆる国でこの19歳の少女と似た話が起こっているはずです。
どの戦争も「明子」を作り出します。
これからこの作品がいろんな国で演奏されると良いなと思いますし、演奏されることにより、その国々で生まれてしまった「明子さん」を思い出し、全人類は2度とこの状況が起こらないように努める義務があります。
今回はこの作品の世界初演に加えて、明子さんをモデルにしたドキュメンタリードラマが作られると聞きました。
素晴らしいドラマになるに間違いないでしょう!僕も観るのが楽しみです。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■放送情報
ドキュメンタリードラマ『Akiko’s Piano 被爆したピアノが奏でる和音』
NHK BSプレミアム・BS4Kにて、8月15日(土)18:00〜19:29放送
脚本:田中眞一
出演:芳根京子、田中哲司、真飛聖、町田啓太ほか
制作統括:樋口俊一(NHK)、坂部康二(NHKエンタープライズ)、山本喜彦(MMJ)
写真提供=NHK

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる