オリヴィエ・アサイヤス、小泉今日子も絶賛 宮崎大祐監督作『VIDEOPHOBIA』劇場公開決定

映画『VIDEOPHOBIA』10月公開

 映画『VIDEOPHOBIA』が10月24日よりK’s cinema、11月7日より池袋シネマ・ロサ、大阪・第七藝術劇場にて全国順次公開されることが決定し、あわせてビジュアルが公開された。

 

『大和(カリフォルニア)』『TOURISM』の宮崎大祐監督最新作となる本作は、ディープな大阪のさらに奥へと進んだ、異世界で繰り広げられるモノクロスリラー。

 29歳の愛は、一夜を共にした男に情事の動画をネット上にばらまかれたことから精神を失調。自分の映像が世界中に拡散される計り知れない恐怖と、助けを求めても自分を責めるような周りの視線を前に、被害者が否応なく孤立する現状をえぐり出していく。

 ヒロイン・愛を、サニーデイ・サービス「セツナ」のMVに出演した廣田朋菜が演じる。さらに『リリイ・シュシュのすべて』の忍成修吾や、イラン出身のタレントで、女優としても活躍するサヘル・ローズらが出演。サウンドトラックをBAKU(KAIKOO)が手がけ、エンディングテーマは大阪出身のラッパーJin Dogg、ヌンチャクらによるオリジナル曲となる。

 フランスのオリヴィエ・アサイヤス監督は「見事な作品! 主演女優はとても身体的で、自然で、それでいて神秘的だ。そしてこの映画自体も同様に、シンプルで、エレガントで、明晰で、反復の中に日常生活の神秘とも言える何かを捉えている」と絶賛。女優の小泉今日子は「現代日本の若者のリアルな日常に潜む危うさをスリリングに描きながらも、ヌーヴェルヴァーグの香りがぷんぷん匂う。こういうの私は好きです」とコメントを寄せている。

 公開されたビジュアルでは、タバコをくわえる愛の姿が切り取られており、「わたしが、増殖する」という意味深なコピーが綴られている。

 なお、現在MotionGalleryで実施中のクラウドファンディングは、わずか9日間で目標金額に達成。達成後の現在も、より多くの劇場での公開を目指し、7月30日までサポーターを募っている。

0722_videophobia_sub
0722_videophobia_sub3
0722_videophobia_sub2
0722_videophobia_sub4
0722_videophobia_sub5
0722_videophobia_sub6
0722_videophobia_sub7
0722_videophobia_sub10
0722_videophobia_sub9
0722_videophobia_sub8
previous arrow
next arrow
0722_videophobia_sub
0722_videophobia_sub3
0722_videophobia_sub2
0722_videophobia_sub4
0722_videophobia_sub5
0722_videophobia_sub6
0722_videophobia_sub7
0722_videophobia_sub10
0722_videophobia_sub9
0722_videophobia_sub8
previous arrow
next arrow

■公開情報
『VIDEOPHOBIA』
10月24日(土)よりK’s cinema、11月7日(土)より池袋シネマ・ロサ、大阪・第七藝術劇場ほかにて全国順次公開
監督・脚本:宮崎大祐
出演:廣田朋菜、忍成修吾、芦那すみれ、梅田誠弘、サヘル・ローズ、辰寿広美、森田亜紀
音楽:BAKU(KAIKOO)
プロデューサー:西尾孔志
配給:boid/VOICE OF GHOST
製作:DEEP END PICTURES、十三・シアター・セブン
2019年/日本/88分/モノクロ
(c)「VIDEOPHOBIA」製作委員会
公式サイト:videophobia2020.com
公式Twitter:@VIDEOPHOBIA2020
公式Instagram:@VIDEOPHOBIA2020
クラウドファンディングURL:https://motion-gallery.net/projects/videophobia



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる