78歳の頑固老人が詩のバトル!? ブラジル映画『ぶあいそうな手紙』本編映像公開

78歳の頑固老人が詩のバトル!? ブラジル映画『ぶあいそうな手紙』本編映像公開

 7月18日公開のブラジル映画『ぶあいそうな手紙』の本編映像が公開された。

 本作は、老境で目が見えなくなった78歳の頑固老人・エルネストが、ある日届いた手紙の読み書きを、ひょんなことで知り合った23歳のワケあり娘ビアに頼むことから動き出すストーリー。

 今回初公開となった本編映像は、パンキッシュなビアに連れられて、エルネストが若者たちに混ざって路上でもポエトリースラムに参加する場面。ポエトリースラムは、アメリカのシカゴ発祥、路上で詩のバトルをするムーヴメントで、ブラジルでは数年前から若者の間で一大ブームに。主に政治や社会に抵抗する内容が多く、参加者がラップのように言葉をたたみかける。

 映像の最後に登場する女性は、弱冠15歳でブラジル最大の「スラム」の大会で優勝した実際の詩人クリスタル・ホーシャ。主人公以外、すべて本物の詩人たちが登場している。

 ポエトリースラムは日本でも行われており、ブラジルの路上ポエトリースラムを参考に活動を始めた「路ポス(路上ポエトリースラム)発起人」の村田活彦は、本作について「声の迫力に鳥肌立ち、思わず身を乗りだした」とコメントしている。

映画『ぶあいそうな手紙』本編映像

村田活彦 コメント

エルネストとビアが参加する路上ポエトリースラム(詩の朗読バトル)のシーン。声の迫力に鳥肌立ち、思わず身を乗りだした。ブラジルで実際に盛り上がっているこのムーブメントに触発され、私も東京でやったことがある。言葉には熱がある。その熱が人を動かす。ポルトアレグレでも東京でも、あなたの街でも。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■公開情報
『ぶあいそうな手紙』
7月18日(土)よりシネスイッチ銀座、7月31日(金)よりシネ・リーブル梅田、伏見ミリオン座など全国順次公開
監督:アナ・ルイーザ・アゼヴェード
脚本:アナ・ルイーザ・アゼヴェード、ジョルジ・フルタード
脚本協力:セネル・パス
出演:ホルヘ・ボラーニ、ガブリエラ・ポエステル、ホルヘ・デリア、ジュリオ・アンドラーヂ
配給:ムヴィオラ
字幕翻訳:比嘉世津子/原題:Aos Olhos de Ernesto
(c)CASA DE CINEMA DE PORTO ALEGRE 2019
公式サイト:http://moviola.jp/buaiso/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる