『キングスマン:ファースト・エージェント』日本版ポスター公開 木村昴ナレーションの予告編も

 9月25日に公開となる『キングスマン』シリーズ最新作『キングスマン:ファースト・エージェント』の日本版ポスターと日本版特別ナレーション予告が公開された。

  表の顔は高貴なる英国紳士、裏の顔は世界最強のスパイ組織“キングスマン”。タロン・エジャトンとコリン・ファースが演じるスパイエージェントの活躍を描いたシリーズ1作目の『キングスマン』は、全世界興行収入455億円を記録。その続編となる『キングスマン:ゴールデン・サークル』も、世界的大ヒットとなった。そんな『キングスマン』シリーズの最新作で、前日譚となる本作は、歴史の裏に隠された秘密結社の誕生秘話を描く。世界大戦勃発の危機の中、一人の男が“高貴なる義務”のために立ち上がる。

 監督は、過去2作品に引き続きマシュー・ヴォーンが続投。一方、キャストは一新され、『ハリーポッター』シリーズのレイフ・ファインズ、『マレフィセント2』のハリス・ディキンソンらが出演する。

 公開された日本版ポスターは、これまでのシリーズを彷彿とさせる白地を基調に、存在感抜群の大きなゴールドの“キングスマン”シンボルマークが描かれる。そしてその前には気品溢れる正装で佇むファインズ演じるオックスフォード公、その息子で、いかにも英国紳士らしいスーツで決めたディキンソン演じるコンラッド、2人とともに戦うポリーやショーラが勢ぞろい。さらには、リス・エヴァンス演じる実在した“不死身の怪僧”ラスプーチンの姿も切り取られている。

映画『キングスマン:ファースト・エージェント』日本版特別ナレーション予告

 あわせて日本版特別ナレーション予告も公開された。予告のナレーションは、『キングスマン』『キングスマン:ゴールデン・サークル』で主人公・エグジーの日本語吹き替えを担当した木村昴が務めた。

■公開情報
『キングスマン:ファースト・エージェント』
9月25日(金)全国公開
監督:マシュー・ヴォーン
出演:レイフ・ファインズ、ハリス・ディキンソン
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(c)2020 20th Century Studios. All Rights Reserved.

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる