岩井俊二が中国で描いたもう一つの『ラストレター』 『チィファの手紙』本予告公開

 岩井俊二監督が初めて中国でメガホンを取った『チィファの手紙』の日本公開日が9月11日に決定し、本予告と本ビジュアルが公開された。

 本作は、松たか子、広瀬すず、福山雅治らが出演した岩井監督の最新作『ラストレター』と同じく、自身の小説『ラストレター』(文藝春秋)を原作に、中国で描いたもうひとつの『ラストレター』。

 主人公のチィファ役を務めたのは、アジア映画賞の女優賞を総なめにし、中国四大女優と称されるジョウ・シュン。岩井監督はプロデュース、脚本、編集、音楽も兼ね、撮影監督は日本版『ラストレター』でも撮影を務めた神戸千木、プロデューサーにはアジア映画業界の巨匠ピーター・チャンが名を連ねている。

 2018年11月9日より中国で公開され、中国映画としてはその週の興行ランキング1位を獲得。北米、オーストラリアほか各国でも称賛を浴び、中国のアカデミー賞とされる第55回金馬奨では、最優秀主演女優賞・助演女優賞・脚本賞の3部門でノミネートされた。

映画『チィファの手紙』本予告

 公開された予告編は、姉チィナンが亡くなり、その死を告げるため参加した同窓会で、主人公のチィファ(ジョウ・シュン)が中学時代の憧れの相手チャン(チン・ハオ)と再会するシーンから始まる。そして「中学時代に憧れの人がいたんです。でもその人、私の姉が好きで」と語るチィファとともに、“手紙”を通して浮かび上がるそれぞれの初恋の記憶が、現代と過去2つの世代を繋いで描かれていく。

 あわせて公開された本ビジュアルは、ティザービジュアルと同様に記された「初恋、めぐるー」というコピーと共に、チィファの俯いた横顔が写されている。あどけなさの残る若き日の姉チィナン(ダン・アンシー)の横顔をとらえたティザービジュアルとは対照的に、チィファはどこか切なげな表情を見せている。

■公開情報
『チィファの手紙』
9月11日(金)全国ロードショー
出演:ジョウ・シュン、チン・ハオ、ドゥー・ジアン
監督・脚本・原作・編集・音楽:岩井俊二
配給:クロックワークス
2018年/中国/ビスタ/113分/原題:你好、之華
(c)2018 BEIJING J.Q. SPRING PICTURES COMPANY LIMITED WE PICTURES LIMITED ROCKWELL EYES INC. ZHEJIANG DONGYANG XIAOYUZHOU MOVIE & MEDIA CO., LTD ALL Rights reserved. 

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる