佐藤浩市、石田ゆり子、西島秀俊らの姿が AwichのED曲入り『サイレント・トーキョー』特報映像

 映画『サイレント・トーキョー』の公開日が12月4日に決定し、あわせて特報映像とティザービジュアルが公開された。

 本作は、篠原涼子主演で人気を博したドラマ『アンフェア』シリーズ(フジテレビ系)の原作『推理小説』をはじめ、多くのベストセラー小説を世に送り出した秦建日子が、ジョン・レノンの名曲「Happy X-mas (War Is Over)」にインスパイアされ執筆した原作小説を映画化したサスペンス。クリスマス・イブの東京で、突如勃発した“連続爆破テロ事件”でパニックに陥る日本、そして事件へと巻き込まれていく登場人物たちの様々な思惑を、複数の視点で描き出す。『SP 警視庁警備部警護課第四係』(フジテレビ系)の演出を手がけ、両作品共に興行収入30億を突破したその劇場版2作品の監督を務めた波多野貴文がメガホンを取る。

 公開されたティザービジュアルでは、煌びやかなクリスマス・イブの渋谷スクランブル交差点に置かれた1本のクリスマスツリーが燃え上がる様子が写し出されている。「東京へ、愛をこめて」というシニカルなコピーとともに、「クリスマス」から想像される平和で幸せな日常に連続爆破テロという非日常が突如降りかかる本作を象徴している。

『サイレント・トーキョー』特報映像

 特報映像には、主演の佐藤浩市演じる犯人とおぼしき人物・朝比奈仁が不審なバッグを振りかざしながら脅迫するシーンが。事件に巻き込まれた主婦・山口アイコ(石田ゆり子)は、演じる爆破予告のタレコミをもとに取材に駆けつけたテレビ局の契約社員・来栖公太(井之脇海)の手を引き危機迫る表情で逃げ惑う。未曾有の連続爆破テロを追う刑事の世田志乃夫(西島秀俊)、世田とバディを組む刑事・泉大輝(勝地涼)、そしてクリスマス・イブに沸き立つ群衆の中で訝しげな表情を浮かべながら1人カメラをまわすIT企業家・須永基樹(中村倫也)、犯行予告現場に偶然居合わせてしまった会社員・高梨真奈美(広瀬アリス)の姿も確認できる。

 また、本作のエンディングソングをAwichが担当することも発表された。映像では、Awichによるジョン・レノンのカバー楽曲「Happy X-mas (War Is Over)」が使用されている。Awichと企画プロデューサーの阿比留 一彦からはコメントも寄せられた。

コメント

Awich

この歌を歌えるということはとても嬉しいと共に、初めはとても恐れ多かった。でも、もともとこの歌に託された想いやこの映画に込められたメッセージに共通するものが私の中にも幼い頃からあったので、そこにフォーカスして歌いました。

企画プロデューサー 阿比留 一彦

「Happy X-mas (War Is Over)」という楽曲に乗せて、この作品で伝えたい想いを表現することができるのはAwichさんの他にいないと思いました。彼女のもつ壮絶な経験から生み出される味わい深い歌声は、日本で当たり前のように感じている「普通の」・「日常の」大切さを認識させてくれます。また、世界中のアーティストとコラボレーションをしてきた実績、様々なアーティストから絶賛される音楽的感性は、今後更なる世界的な活躍を予感します。そんなAwichさんだからこそ、この名曲を彼女独特の感性でカバーし、サスペンス・エンターテインメントとしての『サイレント・トーキョー』を更なる高みへと導いてくれました。

■公開情報
『サイレント・トーキョー』
12月4日(金)全国ロードショー  
出演:佐藤浩市、石田ゆり子、西島秀俊、中村倫也、広瀬アリス、井之脇海、勝地涼ほか 
原作:秦建日子『サイレント・トーキョー And so this is Xmas』(河出文庫刊) 
監督:波多野貴文
脚本:山浦雅大
エンディングソング:Awich「Happy X-mas (War Is Over)」
配給:東映
(c)2020 Silent Tokyo Film Partners
公式サイト:silent-tokyo.com
公式Twitter:@SilentTokyo2020
公式 Instagram:@silent_tokyo2020

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる