『のぼる小寺さん』主演・工藤遥の存在が語るもの 伊藤健太郎らと化学反応を起こす

『のぼる小寺さん』主演・工藤遥の存在が語るもの 伊藤健太郎らと化学反応を起こす

 私たち誰しもに、周囲の物事が頭に入らないほど夢中になってしまう何かがある。その「何か」とは、とうぜん人それぞれだ。『のぼる小寺さん』の世界観に佇む工藤遥の存在は、そんな「何か」に夢中になる私たちを肯定してくれるように思う。

 主演の工藤が演じる“小寺さん”が夢中になる何かとは、ボルダリングである。彼女はクライミング部という少々珍しい部活動に熱中し、上へ上へと“登ること”に無我夢中なのだ。こんな一風変わった役どころで映画初主演を務めることになった工藤。舞台経験は豊富で、『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』(テレビ朝日系)などでの活躍はあったが、映像作品における本格的な演技は、今作『のぼる小寺さん』がほとんど初めてだといってもいいのではないだろうか。


 本作では、工藤のこれまでの活動が非常に有機的にはたらいていると感じる。工藤といえば、OGである“モーニング娘。”として、多くのステージに立ってきた。そこで養われてきた身体能力と精神力から成るパフォーマンス力の高さは、本作で挑むこととなったボルダリングに活きているのだろう。ボルダリングとはまさしく、上等な身体と精神が求められるスポーツだ。これに工藤は、3カ月強におよぶ猛特訓を積み重ね、華麗かつ軽快なクライミング姿を披露しているのである。

 ここまでに述べてきたことだけだと、小寺さんとはさぞ活発な女子高生なのだと思われそうだ。しかしそうではない。壁に立ち向かう彼女の姿は真剣そのものだが、普段の生活ではどこか浮世離れしている存在なのである。おっとりとした言動は“天然キャラ”な印象だけれど、それでいて“プロのクライマーになる”という夢に一直線な彼女の笑顔からは、クラスメートたちだけでなく、観客である私たちも目が離せないと思う。“モー娘。”時代のステージ上でのハツラツとした彼女と、今作で見せる素朴な佇まいにはギャップが感じられるはずだ。しかし、一つのことに夢中になる姿は重なって見えるのである。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる