桜井日奈子、入浴シーンは「すごく勇ましい」 運命を感じた主演ドラマ『ふろがーる!』を語る

桜井日奈子、入浴シーンは「すごく勇ましい」 運命を感じた主演ドラマ『ふろがーる!』を語る

 桜井日奈子が主演を務める連続ドラマ『ふろがーる!』が、7月15日(毎週水曜深夜0時58分~)よりテレビ東京のドラマパラビ枠で放送される。本作は、自宅のお風呂を愛してやまないOL・生実野早夜子(おゆみのさよこ)がさまざまな入浴方法に挑戦し、「最高のお風呂とは何か?」を求め、お風呂中心のライフスタイルを貫く物語だ。

 主人公・早夜子役でテレビ東京ドラマ初出演にして主演を務める桜井は、演じる早夜子同様、自身も“ふろがーる”だという。そんな彼女の“お風呂時間”やドラマでの入浴シーンについて、オンラインインタビューで本人に話を聞いた。

「お風呂は、スイッチのオン/オフを切り替えるような大切な場所」

ーーお風呂が舞台ということで、まさにいまの時代にぴったりな作品だと思います。桜井さんは今回の企画を最初に聞いたとき、どう感じましたか?

桜井日奈子(以下、桜井):私もお風呂が大好きなので、お風呂好きにはたまらない、“お風呂の教科書”みたいな作品だなと思いました。原作に登場するお風呂の楽しみ方は、「そういう手があったんだ!」という気づきや、「真似してみようかな」と思えるようなものがたくさんあったので、そういうところもおもしろいなと思いながら読ませていただきました。私自身も“ふろがーる”なので、この作品に出会えたことに運命を感じながら、「やらせていただきます!」っていう感じでした(笑)。

ーー桜井さんにとってもお風呂は日常の中で重要な時間のようですね。

桜井:そうですね、かなり重要です。私、毎日朝と夜に必ずお風呂に入るんですよ。

ーーえ、毎日ですか!?

桜井:そうなんです(笑)。朝はお仕事に行く前に「よし、頑張るぞ!」ってスイッチを入れるために入って、逆に夜は、お仕事から帰ってきて「仕事終わった~」ってスイッチをオフにするような感覚で、1時間以上かけてゆっくり入る。本当にスイッチのオン/オフを切り替えるような、私にとっては大切な場所ですね。

ーードラマや映画の撮影は朝早いですが、そういうときにも入るんですか?

桜井::お風呂に入らないと自分のスイッチが入らないので、どんなに朝が早くても必ず入るようにしています。入浴時間が短くても、ちゃんとお風呂に入れば疲れの取れ方が全然変わってくるんですよ。しっかり休まって、良い睡眠が取れるので、どんなに次の日が早くても、入らないと気持ちが悪いというか、寝れないですね。

ーーすごい勉強になります。自分は入浴時間が5分とかでも結構キツいので……。

桜井:あ、シャワー派ですね!? 健康には絶対いいので、ちゃんと湯船に浸かった方がいいですよ!(笑)

ーーそうですよね、トライしてみます(笑)。それこそ、今回のドラマには実際に試せる楽しい入浴方法がたくさん出てきますよね。

桜井:そうなんです! 私もすごく影響を受けていて、バスボムを作ったり、アロマキャンドルを焚いて入ったり、いろいろ試しています。

ーー実際に日常生活に活かせるのはすごくいいですよね。

桜井:しかも簡単なんですよね。バスボムを作るにしても、材料はスーパーですぐに調達できたり、余った重曹やクエン酸を料理にも活用できる。そういうところもいいなって思いますし、無駄なく丁寧に生きている感じが早夜子はすごくカッコいいなと。だから、私も早夜子から影響を受けまくっています。お風呂はもちろん、食事や睡眠など、忙しさを理由にないがしろにしてしまいがちな、毎日やることにしっかり目を向けて、ちょっと工夫するだけで、生活がすごく豊かになる。皆さんにとって、そういうことに気づくきっかけになる作品になればいいなと思います。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる