洞窟からの奇跡の救出劇を映画化 『THE CAVE サッカー少年救出までの18日間』11月公開決定

洞窟からの奇跡の救出劇を映画化 『THE CAVE サッカー少年救出までの18日間』11月公開決定

 映画『THE CAVE サッカー少年救出までの18日間』が、11月13日より新宿ピカデリーほかにて公開されることが決定した。

 本作は、2018年に実際に起きた、各国から集まったケイブ・ダイバーと遭難救助の専門家たちによる決死の救出劇を映画化したもの。2018年タイ・チェンライの洞窟に立ち寄った地元サッカーチームの少年12人とコーチは、豪雨による急な増水で洞窟の奥深くに閉じ込められてしまう。「救助は100%不可能」と言われながらも、事故発生から18日目に奇跡的に生還した救出劇の裏には何があったのか。報道では決して目にすることができなかった、増水し危険な洞窟内部と、ダイバーたちによる命がけの救助の一部始終を、タイ・バンコク出身のイギリス人映画監督トム・ウォーラーが描く。なお、本作の撮影にあたって、実際に救助にあたった世界屈指のダイバーたちに出演を依頼した。

 遭難のきっかけは、チームメイトの誕生日を祝うために入った洞窟内が、雨季の豪雨で水位が大幅に上がったこと。脱出不能となった少年たちの救出には洞窟の専門家が協力のもと、タイ警察、タイ海軍の精鋭タイ・シールズや米英豪などの軍隊、そして世界中から経験豊富なケイブ・ダイバー(洞窟潜水士)が駆けつけた。さらに、救出チームのサポートや炊き出しなど、地元住民やボランティアも一丸に。6月23日に閉じ込められ、7月2日にようやく13名の生存を確認。しかし、彼らの救出まではさらに時間を要し、高度な技術を有するダイバーですら命を失いかねない洞窟ダイビングが強いられるなか、前代未聞の救出作戦は、困難を極めた。事故発生から18日後の7月10日になってようやく、全員無事に救助された。しかし、タイ人ダイバーが酸素不足で亡くなるなど、壮絶な救出劇となった。

 あわせて公開された場面写真では、洞窟に閉じ込められることになる、サッカーチームの少年12人が自転車で走り回る様子と、ダイバーが少年たちを救出しようとする姿が切り取られている。

■公開情報
『THE CAVE サッカー少年救出までの18日間』
11月13日(金)より、新宿ピカデリーほか全国ロードショー
監督・脚本・製作:トム・ウォーラー
脚本・製作:カトリーナ・グルース
脚本:ドン・リンダー
出演:ジム・ウォーニー、エクワット・ニラトヴォラパンヤー、ジェームズ・エドワード・ホーリー、ノパドル・ニヨムカ、エリック・ブラウン
配給:コムストック・グループ+WOWOW
配給協力:REGENTS
2019年/タイ・アメリカ/英語・タイ語/英題:The Cave/104分
(c)Copyright 2019 E Stars Films / De Warrenne Pictures Co.Ltd. All Rights Reserved.
公式サイト:cave18.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる