柾木玲弥、『妖怪シェアハウス』で小芝風花を翻弄するダメ彼氏役に ドラマに先駆け4コマ漫画も

柾木玲弥、『妖怪シェアハウス』で小芝風花を翻弄するダメ彼氏役に ドラマに先駆け4コマ漫画も

 8月1日よりテレビ朝日系で放送がスタートする小芝風花主演ドラマ『妖怪シェアハウス』に、柾木玲弥が出演することが発表された。

 小芝にとって民放連続ドラマ初主演となる本作は、クズ男にお金も仕事も家も奪われたどん底気弱女子を、妖怪たちが“奇想天外”な方法で救うというホラーコメディ。『ケイゾク』(TBS系)や『SPEC』シリーズ(TBS系)、『民王』(テレビ朝日系)の西荻弓絵、『世にも奇妙な物語』シリーズ(フジテレビ系)のブラジリィー・アン・山田らが脚本を手がけ、『怪奇大家族』(テレビ東京系)や『ケータイ刑事』シリーズ(BS-TBS)の豊島圭介、『民王』や『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)の山本大輔が監督を務める。

 小芝演じる主人公・目黒澪が妖怪たちと出会うきっかけとなるのが、澪をどん底につき落とした元恋人。第1話で描かれる、澪に借金をさせ、仕事のミスを押しつけ、挙句に二股をかけて捨てるという悲惨な仕打ちを行う強烈彼氏・奥園健太郎役を、柾木が演じる。柾木は2009年に『第22回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』で審査員特別賞を受賞し、ミュージカル『テニスの王子様』で注目を集め、以降も数々のドラマや映画で活躍。最近では『今日から俺は !!』(日本テレビ系)の佐川直也役を演じている。

 さらに、柾木演じるダメ彼氏の実態が、ドラマのスタートに先駆け、4コマ漫画として登場。 本日7月4日より毎週土曜日、4週にわたって番組公式TwitterとInstagramで配信される。4コマ漫画で描かれるのは、澪が元恋人の健太郎にボロボロにされて、妖怪たちと出会う前の話。澪と健太郎が付き合う前から、付き合って澪が健太郎に洗脳されるまでを描く。

 さらに、初回放送後も、妖怪や澪を取り巻く人間たちをフィーチャーした4コマ漫画を配信予定。妖怪たちはなぜ妖怪になって、現在人間界ではどのように暮らしているかを描いたエピソードや、仕事を失った澪がアルバイトをすることになる編集プロダクションでの、上司・原島と澪の仕事中の話、さらに中堅編集者・美雪と、若手編集者・沙羅の女のマウントバトルなど、気になるストーリーが続々登場する。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■放送情報
『妖怪シェアハウス』
テレビ朝日系にて、8月1日(土)スタート 毎週土曜23:15~24:05放送
出演:小芝風花、松本まりか、毎熊克哉、池谷のぶえ、内藤理沙、大東駿介、味方良介、柾木玲弥、大倉孝二
脚本:西荻弓絵、ブラジリィー・アン・山田、綿種アヤ
演出:豊島圭介、山本大輔
エグゼクティブプロデューサー:内山聖子(テレビ朝日)
プロデューサー:飯田サヤカ(テレビ朝日)、宮内貴子(角川大映スタジオ)
制作:テレビ朝日
制作協力:角川大映スタジオ
(c)テレビ朝日
公式Twitter:https://twitter.com/youkaihouse5
公式Instagram:https://www.instagram.com/youkaihouse5/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる