『BG』市川実日子をめぐる物語が動き出す 木村拓哉&斎藤工が“脅威度レベル最高”の悪党を警護

『BG』市川実日子をめぐる物語が動き出す 木村拓哉&斎藤工が“脅威度レベル最高”の悪党を警護

 毎週木曜21時よりテレビ朝日系で放送中の『BG~身辺警護人~』。7月2日放送の第3話では、市川実日子演じる“孤高の女医”笠松多佳子をめぐる物語が動き出す。

 本作は、丸腰の状態でまさに“命の盾”となり、あらゆる危険からクライアントを護る民間ボディーガードの生き様と戦いを描く人間ドラマ。前作から約2年ぶりとなる第2弾では、民間警備会社の身辺警護課に所属していた島崎章(木村拓哉)が「弱き者の盾になる」という使命を貫くため、“利益優先”の組織を飛び出し、私設ボディーガードに転身し、個人VS.組織の物語を軸にした新ステージに攻め入る。

 また、木村を中心に、前シリーズから民間ボディーガードを演じてきた斎藤工、菜々緒、間宮祥太朗に加え、道枝駿佑(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)、勝村政信、市川実日子、そして“章にとって最大の敵となる人物”を演じる仲村トオルら新キャストも登場する。

 7月2日放送の第3話で、島崎と高梨(斎藤工)が護ることになるのは、想像を絶する“悪党”・道岡三郎(豊原功補)。悪質な投資詐欺を繰り返して甘い汁を吸い尽くし、星の数ほど恨みを買っている人物だ。「KICKSガード」をはじめとする大手警備会社も“脅威度レベル最高”とみなし、警護を断ったほど札付きの要注意人物を、組織という後ろ盾すらもなくした完全丸腰の島崎と高梨が警護する。

 さらに今回、多佳子(市川実日子)をめぐる物語が動き出す。重傷を負った道岡は、多佳子の病院に極秘入院。道岡の手術を請け負うことに尻込みし始めた病院側とも根気強く交渉を重ね、何としてでも患者の治療をまっとうしようとする多佳子。ところが手術直前、「道岡を助ける医者は許さない。処刑する」との脅迫状が届き、病院内で多佳子が何者かに襲撃される事件が発生する。

■放送情報
『BG~身辺警護人~』第2シリーズ
テレビ朝日系にて、毎週木曜21:00〜放送
出演:木村拓哉、斎藤工、菜々緒、間宮祥太朗、道枝駿佑(なにわ男子/関西ジャニーズJr.)、市川実日子、勝村政信、仲村トオル
脚本:井上由美子
エグゼクティブプロデューサー:内山聖子(テレビ朝日)
ゼネラルプロデューサー:三輪祐見子(テレビ朝日)
プロデューサー:川島誠史(テレビ朝日)、秋山貴人(テレビ朝日)、浜田壮瑛(テレビ朝日)、山本喜彦(MMJ)、田上リサ(MMJ)
音楽:高見優
監督:常廣丈太(テレビ朝日)、七髙剛
制作協力:MMJ
制作著作:テレビ朝日
(c)テレビ朝日

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマ情報」の最新記事

もっとみる