永瀬正敏も出演 筒井武文監督による日本・イラン合作映画『ホテルニュームーン』公開決定

永瀬正敏も出演 筒井武文監督による日本・イラン合作映画『ホテルニュームーン』公開決定

 『孤独な惑星』の筒井武文監督が、現代のテヘランを舞台に作り上げた日本・イラン合作映画『ホテルニュームーン』が9月18日より公開されることが決定した。

 本作は、イランの風景と人々に一目惚れした筒井監督が、イランの生活文化、日本とイランの歴史的関係を取り入れながら、静かなスリルとサスペンスに満ちた、母と娘の愛の物語。イランで国民的な人気を誇る女優マーナズ・アフシャルがシングルマザーのヌシン役を務める。娘のモナ役には、新人ラレ・マルズバンが抜擢された。ヌシンの秘められた過去の扉を開く日本人・田中役を永瀬正敏、その妻役を小林綾子が演じる。

 脚本を務めたのは、日本に滞在経験もあるイランの人気脚本家ナグメ・サミニ。、『アウトレイジ』シリーズをはじめ北野武監督映画を数多く手がけてきたベテラン、柳島克己が撮影監督を務めた。

 テヘランで大学に通うモナは、生まれる前に父を亡くし、教師をしている母ヌシンと2人暮らし。1人娘に厳しい門限を課し、交友関係にも目を光らせる過保護な母に、モナは少々辟易気味。そんな中、モナは、ホテルで見知らぬ日本人男性と会うヌシンを目撃したのをきっかけに、自身の出生をめぐる母の話に疑念を抱き始める。男は果たして誰なのか。

 あわせて公開されたポスタービジュアルには、モナとヌシンの母娘のそれぞれの写真に加え、永瀬が演じる田中の姿も切り取られている。「愛と秘密が、重なるとき」とコピーが添えらえている。

■公開情報
『ホテルニュームーン』
9月18日(金)より、アップリンク吉祥寺ほか全国順次公開
出演:ラレ・マルズバン、マーナズ・アフシャル、永瀬正敏、アリ・シャドマン、小林綾子、ナシム・アダビ、マルヤム・ブーバニ
監督:筒井武文
脚本:ナグメ・サミニ、川崎純
撮影:柳島克己
編集:ソーラブ・ホスラビ
音楽:ハメッド・サベット サウンド:バーマン・アルダラン
美術:サナ・ノルズベイギ
監督補:モーセン・ガライ
プロデューサー:ジャワド・ノルズベイギ、ショーレ・ゴルパリアン、桝井省志
協力プロデューサー:山川雅彦
制作プロダクション:アルタミラピクチャーズ
製作:ガーベアセマン、アルタミラピクチャーズ、SMALL TALK
配給:コピアポア・フィルム
2019年/日本・イラン/93分/1:1.85/カラー/原題: Mehmankhane Mahe No(英題:Hotel New Moon)
(c)Small Talk Inc
公式サイト:hotelnewmoon2020.com

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ