野田洋次郎&小南満佑子、『エール』でライバルとして存在感発揮 山崎育三郎のプリンスぶりも

野田洋次郎&小南満佑子、『エール』でライバルとして存在感発揮 山崎育三郎のプリンスぶりも

 裕一(窪田正孝)が尊敬する西洋音楽の作曲家、小山田耕三(志村けん)と初対面を果たした連続テレビ小説『エール』(NHK)第35話。裕一は勇気を振り絞り、小山田に「いつか先生と同じ青レーベルでも音楽を書かせていただけるよう、精進してまいります」と宣言する。しかし、裕一は流行歌を扱う「赤レーベル」専属の作曲家。まだ一つもレコードを出せていないにもかかわらず、西洋音楽を扱う「青レーベル」を夢みる裕一を諭すように、小山田は「君は赤レーベル専属の音楽家だよね」と念押した。

 自分を推薦してくれた小山田の顔に泥を塗らないように、裕一はその日から寝る間も惜しんで作曲に没頭する。一方、音(二階堂ふみ)は同じく声楽専攻の千鶴子(小南満佑子)が優勢だと見られている「鷹ノ塚記念公演」の選考会に参加するかどうか悩んでいた。考えた末に、「やらずに後悔するよりやって後悔しろ」という父・安隆(光石研)の言葉を思い出し、挑戦を決意。一次選考当日の朝も、プリマドンナを目指して発声練習に励んでいた。

 そんな中、裕一がうめき声を挙げて床にうずくまる。裕一は曲が書けない心労に加え、コーヒーを飲みすぎて胃を痛めてしまったのだ。朝から医師を呼んでバタバタしてしまったことで音は大事な選考会に遅刻、絶体絶命のピンチに。しかし、千鶴子と久志(山崎育三郎)の機転により、音は一次選考を受けることができた。見事に選考を突破した音は、作曲に息詰まる裕一の状況を久志に相談。その数日後、田中隆(三浦貴大)率いる早稲田大学応援部の団員たちが裕一を訪ねてくるのだった。

 第7週「夢の新婚生活」では、甘くも厳しい現実を生きる裕一と音の若い夫婦の姿が描かれた。華やかな世界で勝ち抜くために努力し続けなければならない彼らの生活に張りをもたせたのは、共に切磋琢磨する“ライバル”の存在だ。2人の前に強力なライバルとして立ちはだかったのは、現実でも音楽の世界で活躍する「RADWIMPS」のボーカル、野田洋次郎とミュージカル女優の小南満佑子。野田は裕一よりも先に作曲家として抜きん出ながらも飄々とした木枯を、小南は誇り高く振る舞う努力家の千鶴子を演じ切った。彼らは今後も、下手すれば緩みがちな雰囲気の裕一と音に緊張感を持たせる役割を担ってくれるだろう。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ