『エール』タイトルバックの一部が第7週から変化 裕一と音が幼少期から青春時代の姿に

『エール』タイトルバックの一部が第7週から変化 裕一と音が幼少期から青春時代の姿に

 毎週月曜日から土曜日まで(土曜日は1週間の振り返り)放送されているNHKの連続テレビ小説『エール』。5月11日からの第7週より、タイトルバックの一部が変更されていることがわかった。

 本作は、昭和という激動の時代に、人々の心に寄り添う曲の数々を生み出した作曲家・古山裕一(窪田正孝)とその妻・音(二階堂ふみ)の物語。現在の舞台は裕一と音が新婚生活を送る東京に。裕一はコロンブスレコードで曲作りに励むもなかなか採用されず、壁に直面している。一方、音は音楽学校で「椿姫」のオーディションに挑んでいる。

 そんな本作において放送当初から注目されていたのが、GReeeeN「星影のエール」をバックに展開されるタイトルバック。裕一の音楽が音符でできた人形になって五線の上を動いっていったり、過去の朝ドラのタイトルバックを連想させる演出が施されていたり、さまざまな仕掛けが散りばめられている。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

 その中でも印象的なのが、裕一が指揮を取る姿の背景に流れる裕一と音のさまざまな場面写真。第1週から6週までは、幼少期の裕一(石田星空)と音(清水香帆)の思い出の一場面が描かれていたが、第7週からは、成長した裕一と音が結婚するまでの過程の一部が切り取られている。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■放送情報
連続テレビ小説『エール』
2020年3月30日(月)〜9月26日(土)予定
総合:午前8:00〜8:15、(再放送)12:45〜13:00
BSプレミアム・BS4K:7:30〜7:45、(再放送)11:00〜11:15
※土曜は1週間を振り返り
出演:窪田正孝、二階堂ふみ、薬師丸ひろ子、菊池桃子、光石研、中村蒼、山崎育三郎、森山直太朗、佐久本宝、松井玲奈、森七菜、柴咲コウ、風間杜夫、唐沢寿明ほか
制作統括:土屋勝裕
プロデューサー:小西千栄子、小林泰子、土居美希
演出:吉田照幸、松園武大ほか
写真提供=NHK
公式サイト:https://www.nhk.or.jp/yell/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ