松本穂香主演『みをつくし料理帖』ポスター公開 主題歌は手嶌葵が歌う松任谷由実の書き下ろし楽曲

松本穂香主演『みをつくし料理帖』ポスター公開 主題歌は手嶌葵が歌う松任谷由実の書き下ろし楽曲

 10月16日公開の映画『みをつくし料理帖』より、ポスタービジュアルが公開された。

 高田郁による同名小説の刊行10周年を記念し、角川春樹の生涯最後の監督作として製作される本作は、幾度となく訪れる艱難辛苦を乗り越えながら、料理に真摯に向き合い、運命を切り開いていく女料理人の成長と、不変の友情を描いた爽快な物語。

 主演の松本穂香が主人公の澪を演じ、奈緒が友人の野江役を務めるほか、中村獅童、若村麻由美、浅野温子、窪塚洋介、藤井隆、石坂浩二、衛藤美彩、反町隆史らが出演する。

 公開されたポスタービジュアルでは、松本と奈緒の姿が切り取られており、「どんなときも、道はひとつきり」というコピーが綴られている。

 また、本作の主題歌が、松任谷由実が書き下ろし、手嶌葵が歌う「散りてなお」に決定した。さらに、主題歌の編曲、劇中の音楽は松任谷正隆が担当する。手嶌、松任谷由実、松任谷正隆からはコメントが寄せられている。

コメント

手嶌葵

この映画で角川春樹監督の描いた世界は、優しい気持ちが自然に湧いてくるとても素敵なものでした。そして、そんな世界観に寄り添うようなユーミンさんが作って下さった主題歌。歌わせて頂けて本当に幸せでした。是非映画をご覧頂いて、優しくて、そして美しいこの歌を皆さんにも口ずさんで頂けると嬉しいなぁと思います。

松任谷由実

この作品の主題歌を作ることが出来て、本当に良かった。
愛すべき、破茶滅茶な角川春樹さん。常人には測り知れない長い苦悩が、人生の最終章で、こんなにも丁寧なやさしさに昇華されていることに、今は感動しています。私も手嶌葵さんの質感豊かな歌唱を得て、心の奥の故郷や希望は決して消えないと、映画と共に伝えられたらうれしいです。

松任谷正隆

僕は映画音楽が下手だ。たぶん音を資料として頭の中にストックしておけない体質だからだと思う。観たときの感情が勝ってしまって、結果暑苦しい音楽になる、というのが自己分析である。「こんな僕でいいのですか?」と聞いたら「お願いします」と角川さんに言われた。この映画が角川映画の集大成、というのならこれは僕の音楽の集大成だ、と言っておこうかな。

■公開情報
『みをつくし料理帖』
10月16日(金)全国公開
出演:松本穂香、奈緒、若村麻由美、浅野温子、窪塚洋介、小関裕太、永島敏行、藤井隆、野村宏伸、衛藤美彩、村上淳、反町隆史、榎木孝明、鹿賀丈史、石坂浩二(特別出演)、中村獅童
製作・監督:角川春樹
脚本:江良至、松井香奈、角川春樹
原作:『みをつくし料理帖』高田郁 ハルキ文庫(角川春樹事務所)
主題歌:手嶌葵「散りてなお」/作詞・作曲:松任谷由実/編曲:松任谷正隆(ビクターエンタテインメント)
料理監修:服部幸應
音楽:松任谷正隆
制作統括:遠藤茂行
制作:楽映舎
配給:東映
(c)2020映画「みをつくし料理帖」製作委員会
公式サイト:miotsukushi-movie.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ