『エール』“愉快な太鼓持ちキャラ”の望月歩 『ソロモンの偽証』から『3年A組』を経て注目株に

『エール』“愉快な太鼓持ちキャラ”の望月歩 『ソロモンの偽証』から『3年A組』を経て注目株に

 放送中の『エール』(NHK総合)において、朝ドラ初出演を果たした望月歩。着実にキャリアを積み上げつつある有望株の彼だが、本作がさらなる飛躍のきっかけとなりそうである。

 望月といえば、まだ19歳の若手俳優。彼が『エール』で演じているのは、窪田正孝演じる主人公・裕一が働く、川俣銀行の若手行員・松坂寛太で、この銀行のメンバーの中では最年少だ。川俣銀行の頭取である権藤茂兵衛(風間杜夫)や、やがて権藤家の跡を継ぎ、頭取になるであろう裕一にこびを売ったりもする人物だが、かといって憎らしいキャラクターというものではない。コテコテの方言やオーバー気味なリアクションで、いまの日本の朝を盛り上げるのに、一役買っているように思えるのだ。


 そんな彼を囲むのは、膨大な数の作品に出演してきた先輩俳優たち。彼らは最若手の望月とは違い、朝ドラ俳優の先輩でもある。支店長役の相島一之は『春よ、来い』(1994年〜1995年)、『純情きらり』(2006年)、『花子とアン』(2014年)に出演し、三谷幸喜作品常連の大ベテランだ。先輩行員役の松尾諭は『てっぱん』(2010年〜2011年)、『ひよっこ』(2017年)に出演してきたほか、『わろてんか』(2017年〜2018年)での広瀬アリスとのコンビ感も痛快であった、アコーディオンを奏でる漫才師役も記憶に新しい。先の相島もそうだが、彼を“バイプレーヤー”として認識している方も多いことだろう。事務員役の堀内敬子は『ゲゲゲの女房』(2010年)、『マッサン』(2014年〜2015年)に出演してきた。劇団四季出身者とあって、伸びやかな声は聞き心地が良く、今作での快活なキャラクターはどうにも癖になる。

 この並びの中で存在感を示す望月の姿は、“奮闘”と言えるものだ。比較的キャリアの浅い望月が、彼らについていくのは容易なことではないはずである。この“チーム”が持つグルーブ感は、そう簡単に得られるものではないだろう。しかし、“愉快な太鼓持ち”である松坂寛太というキャラクターを全身で表現し、チームに溶け込むさまからは、望月の柔軟性の高さがうかがえる。頼りない裕一のことだけでなく、つい彼のことも応援したくなる姿が実に愛らしい。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ