ソ連に立ち向かったジャーナリストの実話を描く 『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』公開決定

 スターリン体制下のソ連にひとり命がけで立ち向かったジャーナリストの実話をもとにした映画『Mr. Jones(原題)』が、『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』の邦題で8月14日より公開されることが決定。あわせて日本版ポスタービジュアルが公開された。

 1933年、ヒトラーに取材した経験を持つ若き英国人記者ガレス・ジョーンズには、大いなる疑問があった。世界恐慌の嵐が吹き荒れるなか、なぜスターリンが統治するソビエト連邦だけが繁栄しているのか。その謎を解くために単身モスクワを訪れたジョーンズは、外国人記者を監視する当局の目をかいくぐり、すべての答えが隠されているウクライナ行きの汽車に乗り込む。やがて凍てつくウクライナの地を踏んだジョーンズが目の当たりにしたのは、想像を絶する悪夢のような光景だった。

 主人公ガレス・ジョーンズを演じたのは、TV『グランチェスター 牧師探偵シドニー・チェンバース』やNHKでも放送されたBBC制作ドラマ『戦争と平和』で主演を務めた若手俳優ジェームズ・ノートン。そして、ニューヨーク・タイムズのモスクワ支局に勤める女性記者エイダを『ザ・クラウン』『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』のヴァネッサ・カービーが演じる。さらに、ニューヨーク・タイムズのモスクワ支局長ウォルター・デュランティを、『ニュースの天才』『フライトプラン』のピーター・サースガードが演じた。監督を務めたのは、『僕を愛したふたつの国/ヨーロッパ ヨーロッパ』『太陽と月に背いて』『ソハの地下水道』のアグニェシュカ・ホランド。

 公開された日本版ポスタービジュアルでは、雪の降る寒空の下、こちらを見つめるウクライナの人々の姿が。「皆、狂うほどに餓えている—」のキャッチコピーが添えられ、その地に暮らしているであろう人々の苦悩する姿が描かれている。

■公開情報
『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』
8月14日(金)新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMA ほか全国公開
監督:アグニェシュカ・ホランド
脚本:アンドレア・チャルーパ
出演:ジェームズ・ノートン、 ヴァネッサ・カービー、ピーター・サースガード
配給:ハピネット
配給協力:ギグリーボックス
(c) FILM PRODUKCJA – PARKHURST – KINOROB – JONES BOY FILM – KRAKOW FESTIVAL OFFICE – STUDIO PRODUKCYJNE ORKA – KINO SWIAT – SILESIA FILM INSTITUTE IN KATOWICE

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ