『エール』悲しみを乗り越えた音の「朧月夜」 主人公だけでなく、支えてくれる人々を描く朝ドラに

『エール』悲しみを乗り越えた音の「朧月夜」 主人公だけでなく、支えてくれる人々を描く朝ドラに

 昨日『あさイチ』(NHK総合)で博多華丸が予想したように、職人の岩城新平(吉原光夫)も戻り、事業を再開した関内家。それから3年、商業学校4年生になった裕一は授業中も作曲に現を抜かし、留年してしまうのだった。

 第3週「いばらの道」では、ついに窪田正孝が登場。裕一の青年時代が描かれる。幼少期と変わらず作曲に夢中な裕一だが、ハーモニカ倶楽部の会長・館林(川口覚)の「身の程を知ることも大切だよ」という言葉から自身の才能と向き合うように。そんな中、古山家と権藤家の養子問題に決着をつける時がやってくる。裕一は権藤家の養子となり、夢を諦めてしまうのか。

■苫とり子
フリーライター/1995年、岡山県出身。中学・高校と芸能事務所で演劇・歌のレッスンを受けていた。現在はエンタメ全般のコラムやイベントのレポートやインタビュー記事を執筆している。Twitter

■放送情報
連続テレビ小説『エール』
2020年3月30日(月)〜9月26日(土)
総合:午前8:00〜8:15、(再放送)12:45〜13:00
BSプレミアム・BS4K:7:30〜7:45、(再放送)11:00 〜11:15
※土曜は1週間を振り返り
出演:窪田正孝、二階堂ふみ、薬師丸ひろ子、菊池桃子、光石研、中村蒼、山崎育三郎、森山直太朗、佐久本宝、松井玲奈、森七菜、柴咲コウ、風間杜夫、唐沢寿明ほか
制作統括:土屋勝裕
プロデューサー:小西千栄子、小林泰子、土居美希
演出:吉田照幸、松園武大ほか
写真提供=NHK
公式サイト:https://www.nhk.or.jp/yell/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる