『麒麟がくる』帰蝶VS道三の父娘対決 川口春奈が見せた迫力ある演技

『麒麟がくる』帰蝶VS道三の父娘対決 川口春奈が見せた迫力ある演技

 そもそもは人質のような立場で嫁入りした割に、信長と帰蝶の関係は良好だ。「これは父上と私の戦じゃ」と放つ帰蝶に対して「ワシの戦を横取りするつもりか?」と返す信長、この夫婦のやり取りに胸を掴まれた視聴者も多いだろう。さりげなく帰蝶に膝枕される信長からは帰蝶に心を許している様子がしみじみと伝わってくる。愛情深い帰蝶はその一方で多くの男性を掌握していると言っても過言ではないだろう。このような強く芯の通った女性を、初めての時代劇でこれほどの迫力で演じることができる川口には脱帽するばかりだ。

 次週は信長と道三の対面が描かれる。一癖も二癖もある2人の間でどのような駆け引きが展開されるのか目が離せない。

※記事初出時、一部に記述の誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

■Nana Numoto
日本大学芸術学部映画学科卒。映画・ファッション系ライター。映像の美術等も手がける。批評同人誌『ヱクリヲ』などに寄稿。Twitter

■放送情報
大河ドラマ『麒麟がくる』
NHK総合にて、毎週日曜20:00〜放送
BSプレミアムにて、毎週日曜18:00〜放送
BS4Kにて、毎週日曜9:00〜放送
主演:長谷川博己
作:池端俊策
語り:市川海老蔵
音楽:ジョン・グラム
制作統括:落合将、藤並英樹
プロデューサー:中野亮平
演出:大原拓、一色隆司、佐々木善春、深川貴志
写真提供=NHK
公式サイト:https://www.nhk.or.jp/kirin/
公式Twitter:@nhk_kirin
 

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる