千葉雄大が“雅”な光源氏を魅力たっぷりに好演 『いいね!光源氏くん』でピュアさが溢れる

千葉雄大が“雅”な光源氏を魅力たっぷりに好演 『いいね!光源氏くん』でピュアさが溢れる

 雅の世に生きる平安貴族が現代に出現するという奇想天外なストーリーで注目を集めるNHKよるドラ『いいね!光源氏くん』が4月4日から放送される。本作は、『源氏物語』の光源氏がひょんなことから現代にタイムスリップしてしまい、OLの沙織と同居生活を送る様子を描くコメディ作品。主役の光源氏を千葉雄大、藤原沙織を伊藤沙莉が演じる。

 沙織は会社から帰宅した週末、バリで買ったすだれとお香をセットしてうたた寝を始める。すると、突然すだれが上がり、平安時代の格好をした不審な男が現れる。不審者だと思い慌てて警察に連絡するものの、尋問中にふとこの男は昔授業で習った “光源氏”なのではないかと思い出す沙織。そこから、光源氏と沙織の奇妙な共同生活が始まった。

 昨今、バラエティなどで突き抜けた顔芸や即興劇を披露しSNSで話題を呼んだ千葉雄大が、満を辞してコメディドラマに挑戦する。従来のファンだけでなく、バラエティで千葉の魅力に惹かれた人にとっても楽しめる作品となるだろう。千葉が演じるのは、稀代のプレイボーイ・光源氏、平安時代に紫式部によって執筆された『源氏物語』に登場する主人公だ。そんな“雅”な光源氏という存在を、千葉は可愛らしく、魅力たっぷりに演じている。

 本作の見どころは、何と言ってもその光源氏の一風変わった所作や言葉遣いだろう。平安とはまったく違う現代の様子に四苦八苦する光源氏には、面白さだけでなく、お茶目な可愛らしさがある。そして時に、家に帰りたいと寂しげな瞳をうるうるさせる姿には、つい胸を打たれてしまう。

 千葉は、そんな光源氏の愛らしさと憂いをどちらも器用に表現している。その一方で、大真面目に平安時代の動作や和歌を詠む姿はあまりにピュアで微笑ましい。そして、たまに見せる真面目な表情には、麗しくドキリとさせられるのだ。光源氏のありのままの姿を器用に演じる千葉の瞳には説得力がある。何も言わずとも、その瞳からは言葉が溢れ出るように気持ちが伝わってくる。現代に馴染めない光源氏は、その瞳で不安や嬉しさを強く訴えてくるのだ。

 そして、そんな光源氏を、ツッコミながらも匿う沙織の優しさにも注目したい。沙織は光源氏を警戒しながらも、徐々に心を開き受け入れていくのであった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ