『ランボー ラスト・ブラッド』新場面写真公開 愛する家族を奪われ復讐を誓うスタローンの姿が

『ランボー ラスト・ブラッド』新場面写真公開 愛する家族を奪われ復讐を誓うスタローンの姿が

 6月26日に公開となる映画『ランボー ラスト・ブラッド』より、新場面写真が公開された。

 本作は、シルヴェスター・スタローンの世界的代表作である『ランボー』シリーズ最新作にして最終章。孤独な戦いを経て、祖国アメリカへと戻ったランボーは、故郷アリゾナの牧場で、古い友人のマリアとその孫娘ガブリエラと共に、“家族”として穏やかな生活を送っていた。しかし、ガブリエラがメキシコの人身売買カルテルに拉致され、事態は急転する。愛する“娘”を救出するため、ランボーは元グリーンベレーのスキルを総動員し、想像を絶する戦闘準備を始めるのだった。

 監督を務めたのは、『キック・オーバー』のエイドリアン・グランバーグ。共演には、『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』のパス・ヴェガ、『ライフ・イットセルフ 未来に続く物語』のセルヒオ・ペリス=メンチェータ、『バベル』のアドリアナ・バラッザらが名を連ねている。

 新たに公開された場面写真には、幾多の戦場を生き抜いてきたジョン・ランボー(シルヴェスター・スタローン)が、戦闘には欠かせないコンパウンドボウという弓矢を構える姿が。矢に爆弾を括り付けヘリコプターを撃墜させたこともあるお馴染みのアイテムを持ち、満身創痍の体ながらも力強い視線をこちらに向け、愛する家族を守るために並々ならぬ覚悟を決め敵と戦うランボーの姿が切り取られている。

 また、養子縁組した娘・ガブリエラ(イヴェット・モンレアル)と故郷アリゾナで営む牧場で愛馬に乗り、仲睦まじく笑顔を見せているカットや、捕らわれの身となってしまったガブリエラの恐怖に駆られた表情なども垣間見える。

 そして、ガブリエラを拉致した、人身売買カルテルのボス、ヒューゴ(セルヒオ・ぺリス=メンチェータ)とその弟のヴィト(オスカル・ハエナダ)がサバイバルナイフを持ち、不遜な笑みを浮かべている場面や、ランボーが娘の写真を見せ、男の喉元をナイフで押さえつけながら尋問している様子、地獄の死闘を感じさせる大爆発が確認できる。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■公開情報
『ランボー ラスト・ブラッド』
6月26日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
監督:エイドリアン・グランバーグ
脚本:マット・サーアルニック&シルヴェスター・スタローン
ストーリー:ダン・ゴードン&シルヴェスター・スタローン
キャラクター原案:ディヴィッド・マレル
出演:シルヴェスター・スタローン、パス・ヴェガ、セルヒオ・ペリス=メンチェータ、アドリアナ・バラッザ、マリア・ベルトラン、イヴェット・モンレアル、オスカル・ハエナダ
提供:ギャガ、ポニーキャニオン
配給:ギャガ
原題:Rambo: Last Blood/2019年/アメリカ・スペイン・ブルガリア合作/シネスコ/カラー/5.1CHデジタル/101分/字幕翻訳:林完治/ R15+
(c)2019 RAMBO V PRODUCTIONS, INC.
公式サイト:gaga.ne.jp/rambo/
公式Twitter:@RamboMovie_jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ