パリを舞台に90年代カルチャーで彩る“再生”の物語 『PLAY 25年分のラストシーン』6月公開

『PLAY 25年分のラストシーン』公開へ

 フランス映画『Play(原題)』が、『PLAY 25年分のラストシーン』の邦題で6月5日よりシネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMAほかにて全国順次公開されることが決定。あわせてポスタービジュアルが公開された。

 

本作は、1990年代から2010年代まで、25年にわたり撮り続けたホームビデオの映像をつないで振り返る手法で、当時の時代の空気感をリアルに再現した青春映画。両親からビデオカメラを贈られた13歳のマックスは、家族や友人たちとの日々を撮り始める。25年後、撮りためた映像を振り返り、編集する。そこには、エマと初めて会った日のこと、いつも一緒だった仲間たち、そして彼のすべてが記録されていた。素直になれず、大切なものを手放してしまったマックスは、新たに“映画”のラストシーンを準備する。

 人気コメディアンのマックス・ブーブリルが主演を務め、アントニー・マルシアーノ監督のアイデアに惚れ込み、共同で脚本も手がけた。各年代を撮影するにあたり、製作陣がフランス全国を探し回り、10代、20代、30代それぞれを演じるキャストを9カ月かけて選出したという。「過去の映像をつなぐということは、単なる事実の羅列ではない。観る人が同じように25年間を追体験し、当時の自分に戻るような体験をしてほしかった」とマルシアーノ監督は語っている。

 公開されたポスタービジュアルでは、「青春を巻き戻せば、そこにはいつも君がいた」というコピーが添えられ、1994年、2000年、2015年、その時々で主人公マックスを囲む仲間たちとの写真が並んでいる。

■公開情報
『PLAY 25年分のラストシーン』
6月5日(金)より、シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開
出演:マックス・ブーブリル、アリス・イザーズ、マリック・ジディ、アルチュール・ペリエ、ノエミ・ルヴォウスキー
配給:シンカ/アニモプロデュース
後援:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
2018年/フランス/108分/DCP/ビスタ/PG12/カラー/原題:Play
(c)2018 CHAPTER 2 – MOONSHAKER II – MARS FILMS – FRANCE 2 CINEMA – CHEZ WAM – LES PRODUCTIONS DU CHAMP POIRIER



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる