南沙良、“型にはまらない”が表現力のカギに? 「ずっと“いろんなもの”になってみたかった」

南沙良、“型にはまらない”が表現力のカギに? 「ずっと“いろんなもの”になってみたかった」

「ずっとグレたいと思っている」

ーー共演者も豪華な方々が揃っていますが、印象に残っているのはどなたですか?

南:緒形(直人)さんが、撮影中にずっと私のことを気にかけてくださっていたんです。私が出演した『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』も観てくださったそうで、「すごいよかった。瑞々しいね」と言っていただけたのがすごく嬉しくて。お芝居の面でも、「こうした方がやりやすい?」と聞いてくださったりして、私は緒形さんをすごく頼りにしていました。「もみの家」のみんなもすごく仲が良くて、みんなで喫茶店に行ったり、休憩時間も一緒にお話をしたり、本当の寮生みたいな関係でした。

ーーそんな中、南さんは現場では最年少でありながら主演という立場だったわけですね。

南:そうですね……ちょっと無責任かもしれないですけど、主演についてはそんなに重くは考えていなかったです。みなさんに引っ張っていただくことが多かったので。

ーー特に気負ったりプレッシャーを感じたりすることもないですか?

南:あまりないかもしれません。現場に行って、監督や共演者の皆さんとお話しをして作ることが多いですね。今回も坂本(欣弘)監督と話し合いながら進めていけたのがすごくよかったです。坂本監督は間の取り方などに強いこだわりを持っていらっしゃって、「彩花だったらどうしたい?」とか「彩花だったら今どうすると思う?」と私に聞いてくださったり、ご自身が違うなと思ったら何回もやり直しをされる方だったので、すごく信頼できましたし、とてもお芝居がしやすかったです。

ーー事前に作り込むのではなく、現場で調整していくタイプですか?

南:そうですね。あまり作り込まずにやるタイプかもしれません。デビュー作『幼な子われらに生まれ』のときは、どうやってお芝居をしたらいいのかよくわからなかったんですけど、三島(有紀子)監督に、「しようとしなくていい」と言っていただいたんです。「相手からもらったものに対して、沙良が役として思ったことをそのまま投げればいいだけだよ」と言ってくださったのが、今でもすごく印象に残っていて。今もその言葉を大切にしながら、ずっとお芝居を続けています。

ーー『幼な子われらに生まれ』もそうでしたが、映画初主演となった『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』、そして今回の『もみの家』も、すべて難しい役どころのように感じます。

南:重なる部分が多かった今回の彩花もそうでしたが、台本を読んだ時に、「この感覚分かるな」とか「この感じちょっと知ってる」みたいな部分がどの役にもあるんです。やりやすいというか、自分と同じ部分を見つけやすいので、その部分を引っ張り出しながらお芝居ができるのが大きいかもしれません。

ーー逆にすごい明るい役だったりめちゃくちゃはしゃいだりする役はあまりないですよね?

南:私自身もあまりイメージできないです(笑)。でも、クラスの中心にいるような明るい役もやってみたいですね(笑)。あと、ずっとグレたいと思っているんです。

ーーグレたい?

南:そうなんです。“グレたい願望”があるので、ちょっとヤンキーだったり、グレた感じの役もやってみたいなと。

ーーそれは見てみたいですね。では、役者としての目標はありますか?

南:具体的に「こうなりたい」みたいなものはないんですけど、型にはまらないというか、そういう表現ができる人になりたいなとはずっと思っていて。私、小さい頃から女優さんになりたいと思っていて、ずっと“いろんなもの”になってみたかったんです。インコになってみたかったり……(笑)。なんかそういう時期があったんです。なので、お芝居の中でもそうですけど、お芝居以外の部分でもいろんなことで何かを表現できたらいいなと思っています。

ーーお芝居以外というと、何でしょう?

南:お洋服をリメイクしたりするのが好きなので、ファッションだったり、あと文章を書いたりするのも好きなので、そういうことでも表現をし続けられたらなと。今回、1年という長いスパンで1つの作品を撮影するのが初めての経験だったんです。どうしても間が空いてしまうので、その瞬間に思ったことや感じたことを手帳に書き留めていて。それで、日記とかをつけるのは大切だなって、改めて思ったんです。期間が空いてまた撮影に戻るとなったときに、以前書き溜めていたことを読み返すと、まだそのときの感覚が残っていたり、当時のことがすんなり入ってきたり、そういうことがすごく多くて。今回の作品をとおして、そのときに思ったことや感じたことを、何らかのかたちで残しておくのは、すごく大切なことだなと気付きました。

■公開情報
『もみの家』
新宿武蔵野館ほかにて公開中
主演:南沙良
出演:渡辺真起子、二階堂智、菅原大吉、佐々木すみ江、島丈明、上原一翔、二見悠、金澤美穂、中田青渚、中村蒼、田中美里、緒形直人
監督:坂本欣弘
脚本:北川亜矢子
音楽:未知瑠
主題歌:羊毛とおはな 「明日は、」(LD&K)
製作:映画「もみの家」製作委員会
制作プロダクション:コトリ
配給:ビターズ・エンド
(c)「もみの家」製作委員会
公式サイト:www.mominoie.jp

▼南沙良チェキプレゼント▼

南沙良のサイン入りチェキを1名様にプレゼント。応募要項は以下のとおり。

【応募方法】
リアルサウンド映画部の公式Twitterをフォロー&該当ツイートをRT、もしくはリアルサウンドの公式Instagramをフォロー&該当投稿をいいねしていただいた方の中からプレゼントいたします。当選者の方には、リアルサウンド映画部の公式Twitterアカウント、もしくは公式InstagramアカウントよりDMをお送りさせていただきます。

※当選後、住所の送付が可能な方のみご応募ください。個人情報につきましては、プレゼントの発送以外には使用いたしません。
※複数のお申し込みが発覚した場合、ご応募は無効とさせていただく場合がございます。

<リアルサウンド映画部 公式Twitter>
https://twitter.com/realsound_m

<リアルサウンド 公式Instagram>
https://www.instagram.com/realsoundjp/

<応募締切>
3月28日(土)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる