土屋太鳳、『ヒノマルソウル』出演へ 田中圭と5年ぶりの共演で夫婦役に

土屋太鳳、『ヒノマルソウル』出演へ 田中圭と5年ぶりの共演で夫婦役に

 土屋太鳳が、6月19日公開の映画『ヒノマルソウル ~舞台裏の英雄たち~』に出演することが発表され、あわせてポスタービジュアルが公開された。

 『虹色デイズ』『ステップ』の飯塚健が監督を務める本作は、1998年の長野五輪で悲願の金メダルを獲ったスキージャンプ団体の栄光を陰で支えた、25人のテストジャンパーたちの知られざる実話を描く物語。

 主人公のスキージャンパーの西方仁也は、1994年のリレハンメル五輪スキージャンプ団体戦で“日の丸飛行隊”のメンバーとして日本代表を牽引するも、エース・原田雅彦のジャンプ失敗で金メダルを逃し、長野五輪での雪辱を誓い、代表候補として有力視されながらも落選。テストジャンパーとなって日本代表選手たちを裏方として支える。西方の金メダルへの強い想い、それを打ち砕く挫折、原田との友情、そして怒りと嫉妬、それでも仲間のために、日本のために、命の危険を顧みずテストジャンプに挑む、人間ドラマを映し出す。また、長野五輪での手に汗握る団体戦の攻防、吹雪による競技中断、そんな中、競技が再開できるかを図るために行われた、西方率いる25人のテストジャンパーたちの決死のテストジャンプを、史実に基づいてオリジナルストーリーで描く。

 主人公・西方仁也を演じるのは、『おっさんずラブ』シリーズ(テレビ朝日系)、ドラマ『あなたの番です』(日本テレビ系)の田中圭。また、聴覚障害のあるテストジャンパー・高橋竜二役で、山田裕貴が出演。同じくテストジャンパーの一員でケガのトラウマを抱えた南川崇役で眞栄田郷敦、唯一の女子高生テストジャンパーの小林賀子役で小坂菜緒(日向坂46)、そしてテストジャンパーのコーチ・神崎幸一役で古田新太が出演する。

 土屋が挑むのは、主人公・西方仁也を常に見守り励まし応援する妻の幸枝。長野五輪の代表候補から落選、落胆する夫を笑顔で励まし、代表選手らを支えるテストジャンパーの道を選ぶ際にそっと背中を押す、芯の強い女性を演じる。田中とは、映画では『図書館戦争 THE LAST MISION』以来の共演となる。「また共演したいと思っていた方」という田中との再共演は初めての夫婦役。土屋は「お芝居で心のやり取りをできるのは本当に幸せなこと。圭さんがいてくださるので心強い」と共演の喜びを語った。

 一方の田中は、5年ぶりの土屋との共演に関して「本当に大人っぽくなった」と印象を語る。「(土屋さん演じる)幸枝さんが、古き良き時代の日本の女性の強さ、しなやかさを持っていて、土屋さんにピッタリ」と妻役の土屋へ太鼓判を押している。

 あわせて、子役の加藤斗真を間に、文字通りの家族円満なオフショットも公開。テストジャンパーとしての責務を全うする一方、子どものために、そして何より自分を支え続けてくれる妻との家族愛が感じられる。

 ポスタービジュアルでは、長野オリンピック金メダルの裏で拍手も歓声もない静かな戦いに挑んだテストジャンパーたちの力強い眼差しが切り取られている。

土屋太鳳コメント

「なぜ、今」「どうして、自分が」というような、実力でも努力でも超えられない壁。
その壁に挑んだ実話は素晴らしいがゆえに難しく、気象問題含め大変な撮影を、
座長である田中圭さんが引っ張って下さいました。
そのチームワークと共に、この貴重な実話がスクリーンを飛び出して、ひとりでも多くのかたへ、届きますように。

■公開情報
『ヒノマルソウル ~舞台裏の英雄たち~』
6月19日(金)全国公開
出演:田中圭、土屋太鳳、山田裕貴、眞栄田郷敦、小坂菜緒(日向坂46)、落合モトキ、濱津隆之、古田新太ほか
監督:飯塚健
脚本:杉原憲明、鈴木謙一
企画プロデュース:平野隆
配給:東宝
製作:映画『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』製作委員会
(c)2020映画『ヒノマルソウル』製作委員会

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる