アヤカ・ウィルソン、梶裕貴主演ドラマ『ぴぷる』で人型AIに ミステリアスなAI研究者役に大原櫻子

アヤカ・ウィルソン、梶裕貴主演ドラマ『ぴぷる』で人型AIに ミステリアスなAI研究者役に大原櫻子

 5月18日から放送がスタートする梶裕貴主演のWOWOWオリジナルドラマ『ぴぷる〜AIと結婚生活はじめました〜』のフルキャストが発表され、合わせてポスタービジュアルが公開された。

原田まりる『ぴぷる』KADOKAWA刊(カバーイラスト:田中将賀)

 原田まりるの小説『ぴぷる』(KADOKAWA刊)を実写ドラマ化する本作は、新しい愛(AI)のカタチを問う、SFヒューマンコメディ。人間とAIが結婚できるようになった近未来を舞台に、人型AIと結婚することを選んだサラリーマンの摘木健一と、その妻となった人型AIのぴぷる、そしてぴぷるを開発したAI研究者・深山楓をはじめとする個性あふれるキャラクターたちによる、「AIと人間のあり方」を問う。イキリオタクのアラサー男子である主人公・摘木健一を、声優の梶裕貴が演じる。

 本作のタイトルにもなっている、人型AIぴぷるを演じるのは、映画『パコと魔法の絵本』でヒロインのパコを演じ、映画『響-HIBIKI-』での印象的な役どころも記憶に新しい、女優のアヤカ・ウィルソン。梶演じる摘木のもとに妻として迎え入れられる愛嬌たっぷりのぴぷるを、AIと人間の絶妙なバランスで演じる。

 ミステリアスなAI研究者・深山楓を演じるのは、映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』の大原櫻子。深山は、共感能力ゼロで、人間なのにまるでAIのような内面を持つ、ぴぷるとは正反対のキャラクターとなる。

 WOWOWオリジナルドラマに初出演となるウィルソン、大原に加え、摘木の取引先でありながら犬猿の仲の医学博士・夙川泰成役で忍成修吾、その夙川の幼なじみであり摘木の友人でもある詫間秀介役で山田悠介、摘木が5年間片思いをしていた同僚・吉野凛子役で臼田あさ美、AIをスクラップにすることもいとわない、AI会社のくせ者女性社長・小早川早苗役で濱田マリが出演する。

 公開されたポスタービジュアルには、お互い外側を向いて今までに交わることのなかった摘木と深山を、ぴぷるが鎹のように繋いでいる様子が描かれている。また、ぴぷるの周りにボックスのグラフィックが施されており、人型AIの出荷時を連想させるものとなっている。

アヤカ・ウィルソン コメント

出演が決定した際の気持ち

素直に嬉しかったです! AIの役は初めてで、私が演じる「ぴぷる」が成長型AIと知り、役作りも楽しみという思いでした。何より役者として現場に携わる機会をいただけたことに感謝の気持ちでした。

最初に脚本を読んだ時の感想

AIと人間の共存をとってもコミカルでシュールな描写を交えながら展開しているのですが、現代の日常で起こるさまざまな問題にリンクしていて、共感できると思いました。それぞれのキャラクターにかなりの癖があるのも脚本を読んでる時点で既に面白かったです。

メッセージ

今から10年後の近いミライに起りうるAIと人間の共存を身近に感じながら、愛と笑顔を視聴者の皆様にお届けできると嬉しいです!ぴぷるがどんな成長をしていくか、皆様、お楽しみに。

大原櫻子 コメント

出演が決定した際の気持ち

本当に嬉しかったです! 俳優、女優の仕事をしている友達や、スタッフさんも、「WOWOWオリジナルドラマおもしろくて好き!」という方が多いです。どんな作品になるのか、今からすごく楽しみです!

最初に脚本を読んだ時の感想

わたしの一話目の台詞は、結構インパクトあるなぁと(笑)。早い段階で、わたしがどんなキャラクターか分かります。わたしをこの役にキャスティングしてくださって、嬉しいなぁと思いました。物語は未来の話ですが、本当にこうなっていくんじゃないかなとも思わせてくれる作品。最近AIの発展すごいですから…。非現実的でもない感じも、面白いなと思います。

メッセージ

はじめてのWOWOWオリジナルドラマ。役作りもとても楽しくできる、遊べる役なので、トコトン楽しみたいと思います。共演者さんは初めましての方ばかりですが、どんな化学反応が起きるか楽しみにしててください!!

■放送情報
『ぴぷる〜AIと結婚生活はじめました〜』
WOWOWプライムにて、5月18日(月)スタート 毎週月曜深夜0:00〜放送(全8話)
初回2話連続放送・第1話のみ無料放送
出演:梶裕貴、アヤカ・ウィルソン、大原櫻子、忍成修吾、山田悠介、神尾佑、加治将樹、清水葉月、藤田富、臼田あさ美、濱田マリ
原作:原田まりる『ぴぷる』(KADOKAWA刊)
脚本:小寺和久
監督:酒井麻衣、瀧悠輔
製作:ドラマ「ぴぷる」製作委員会
(c)2020ドラマ「ぴぷる」製作委員会
公式サイト:https://www.wowow.co.jp/drama/original/piple
公式Twitter:@piple_drama

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ