豊田利晃監督によるドキュメンタリー映画『プラネティスト』公開決定 窪塚洋介ら映る予告編も

 『ナイン・ソウルズ』『泣き虫しょったんの奇跡』の豊田利晃が企画・監督・撮影を務めたドキュメンタリー映画『プラネティスト』が、4月11日よりユーロスペース、シネマジャック&ベティほかにて全国順次公開されることが決定した。

 6500万年前に誕生した原始の地球の風景が残る、“世界自然遺産“最後の楽園・小笠原諸島。本作は、豊田監督が、世界でも類い稀な自然に囲まれた神秘と奇跡の島を訪れ、4年に渡り撮影をしたドキュメンタリー映画。

 小笠原諸島・父島で自然と共に歩み生きるレジェンドサーファー・宮川典継。野生イルカと泳ぐ世界初のドルフィンスイムでブームを巻き起こし、絶滅危惧種となっていたアカガシラカラスバトを保護し、世界遺産の登録に大きな貢献をした宮川は、島を訪れる旅人を受け入れる島文化のパイオニアだ。2014年、小笠原を訪れた魅了された豊田監督は、宮川との出会いをきっかけに住民票を島に移してドキュメンタリー映画の制作に着手。俳優やミュージシャンを島に呼び、原初の地球の風景の中で想像力を解き放たれたアーティストたちが、歓喜と興奮に満ち溢れた奇跡と出逢う島とのセッションの瞬間が広がる。

 出演するのは、窪塚洋介、渋川清彦、GOMA、中村達也、ヤマジカズヒデら。窪塚の息子・窪塚愛流も父親と一緒に島を訪れている。ナレーションは、小泉今日子が担当。豊田監督が、『アンチェイン』(2001年)以来のドキュメンタリー映画を、2018年版より再編集し、新たに完成させた。

ドキュメンタリー映画『プラネティスト』予告編

 あわせて公開された新ビジュアルでは、「一寸先は、光だ」のコピーとともに、豊田監督が出会った、まるで生き物のように表情をかえる小笠原の夕日が連なり、島の多彩な色が写し出される。本予告映像では、2011年に世界遺産登録された“ボニン・アイランド”小笠原諸島の海、島、空、星、クジラ、イルカたちが誘い、案内人・宮川が「島の環境をエネルギーにして、今がある。ぜんぶ島がやらせていること」と語る。島を訪れた旅人たちの島とのセッション、魂の揺さぶり。「今の時代を生き抜くヒントがこの映画の中にある」というキャチコピーに続き、小笠原という惑星に呼ばれた“プラネティスト(惑星人)”は決して死なないという窪塚のささやきにつながる。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

豊田利晃監督 コメント

都市の文明から遠く離れ、原初の地球の風景に囲まれながら自分のコアを見つめていた。
魔法のような夕陽に魅せられて、毎日カメラを回し続けた。気がつけば、4年が過ぎていた。
時間放浪の旅の記録。自分の半生の答えが映っていた。

■公開情報
『プラネティスト』
4月11日(土)より、ユーロスペース、ジャック&ベティほか全国順次公開
企画・監督・撮影: 豊田利晃
出演:宮川典継、GOMA、窪塚洋介、渋川清彦、中村達也、ヤマジカズヒデ
ナレーション:小泉今日子
音楽監督:ZAK
音楽:大野由美子、コーネリアス、ヤマジカズヒデ
制作プロダクション:NouvelleVague、Vap、IMAGINATION
配給・宣伝・製作:IMAGINATION
2020年/日本語/カラー/119分
(c)プラネティスト製作委員会
公式サイト:https://www.imaginationtoyoda.com/planetist

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる