豊田利晃監督最新作『破壊の日』、7月24日公開決定 クラウドファンディングでの製作に

 豊田利晃監督最新作『破壊の日』が、7月24日に公開されることが決定した。

 短編映画『狼煙が呼ぶ』から半年、豊田監督の最新作は、製作費をクラウドファンディングにおける映画ジャンル最高目標金額3000万円を目標として募り、製作を目指す。公開日は東京五輪開幕の7月24日で、キャストや内容については後日発表となる。

 クラウドファンディング参加者には本作の製作日誌が共有され、他のリターンとして未発売の『狼煙が呼ぶ』『狼煙に呼ばれて』のDVD、エンドクレジットへの名前記入、劇場招待券、サイン入りシナリオ、本作のDVDなどが用意されている。

 豊田監督からは本作の企画意図についてのコメントが寄せられている。

豊田利晃監督

2020年7月24日、東京オリンピックが開催される。その日は今年から「スポーツの日」として祝日になる。賛成と反対の多くの分断を呼ぶ。亀裂が走る。衝突が起こる。何かが破壊される予感がする。それは暴力の破壊を言っているのではない。生き方、考え方の亀裂であり、格差の衝突だ。分断と不寛容の時代。まるで、「破壊の日」だなと思った。
東京オリンピックの期間、映画館には客が入らないと映画館主から聞いた。作り物のエンターティメントなど現実の感動には勝てない。家のテレビで垂れ流される世界中のアスリートの情熱に勝るものはない、映画館に足を運んでまで見るような映画はないだろうと言う。ならば、その期間を俺に下さい。映画に何ができるか勝負してみたいとお願いした。そんなときにこそ映画は何を映すべきか、試される。資本主義の物の怪に取り憑かれたような東京を、祓い清めるような映画を作りたいと思った。映画に救われた奴だけが、映画を救うと俺は信じています。
2020年1月1日 豊田利晃

■クラウドファンディング情報
期間:2月8日(土)10:00〜6月5日(金)23:59
目標金額:3000万円/118日間
最低支援金額:3000円〜
主なリターン:製作日誌、未発売『狼煙が呼ぶ』『狼煙に呼ばれて』DVD、エンドクレジット、劇場招待券、サイン入りシナリオ、本作品DVDほか
クラウドファンディングプラットホーム:Motion-Gallery
URL:https://motion-gallery.net/projects/HAKAInoHI

■公開情報
『破壊の日』
7月24日(金)渋谷ユーロスペースほか全国ロードショー
企画・プロデューサー・監督・脚本:豊田利晃
企画・製作・配給:IMAGINATION
公式サイト:https://www.imaginationtoyoda.com/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ