『ドクター・ドリトル』日本語吹替版の本編映像公開 藤原啓治、石田ゆり子ら声優陣の掛け合いも

『ドクター・ドリトル』日本語吹替版の本編映像公開 藤原啓治、石田ゆり子ら声優陣の掛け合いも

 3月20日に公開される映画『ドクター・ドリトル』より、日本語吹替版の本編映像が公開された。

 本作は、100年もの間愛され続ける世界的ベストセラーを基に新たに生み出されるアクション・アドベンチャー。主人公の動物と会話ができる名医・ドリトル先生を演じるのは、『アイアンマン』シリーズのロバート・ダウニー・Jr.。アカデミー賞受賞歴を持つスティーヴン・ギャガン監督がメガホンを取り、動物役のボイスキャストには、エマ・トンプソン、ラミ・マレック、オクタヴィア・スペンサー、マリオン・コティヤール、レイフ・ファインズ、セレーナ・ゴメス、さらにマーベル映画でダウニー・Jr.と共演したトム・ホランドなど、個性豊かな顔ぶれが集結した。

 日本語吹替版キャストには、石田ゆり子、八嶋智人、霜降り明星のほか、藤原啓治、小野大輔、朴ロ美、中村悠一、斉藤壮馬、花澤香菜、沢城みゆきらが参加する。

映画『ドクター・ドリトル』本編映像

 公開された本編映像は、主人公、ドリトル先生が大冒険へ旅立つことを決心するシーン。“動物と会話ができる名医”として名を馳せていたドリトル先生は、7年前に最愛の妻・リリーを亡くしたことをきっかけに世間から遠ざかり、動物たちと自宅に身を潜めて暮らす毎日を送っていた。しかし、たくさんの動物たちがのびのびと暮らすことのできる広い庭と、大きな家を与えてくれた若き女王が重い病に倒れ、“女王の終身まで譲渡”と約束していた住処を失う危機的状況に陥る。ゴリラのチーチーに肩たたきをされながら、ダラダラとお菓子を食べ、人間との関わりを断固拒否するドリトル先生だが、動物の仲間たちが心配した様子で見守っていると、しっかり者のオウムのポリネシアが「女王を助けないなら出ていく!」と一喝。しぶしぶ女王を助ける決心をしたドリトル先生と、久々の冒険に意気揚々とする動物たちが、唯一の治療薬である“エデンの樹の果実”を求めて、伝説の島へと旅立つ。

 ダウニー・Jr.の吹き替えを数多く務める藤原によるドリトル先生、オウムのポリネシアを演じた石田や、臆病なゴリラのチーチーを演じた小野、うっかり者なアヒルのダブダブの朴、冷え性のシロクマ・ヨシの中村、眼鏡をかけた犬のジップの斉藤など、豪華な声優キャストによる動物たちの演技とユニークな掛け合いが切り取られている。

※朴ロ美の「ロ」は、王へんに路が正式表記。

■公開情報
『ドクター・ドリトル』
2020年3月20日(金・祝)全国ロードショー
出演:ロバート・ダウニー・Jr.、アントニオ・バンデラス、マイケル・シーン、ジム・ブロードベントほか
声の出演:エマ・トンプソン、ラミ・マレック、トム・ホランド、オクタヴィア・スペンサー、ジョン・シナ、マリオン・コティヤール、セレーナ・ゴメス、レイフ・ファインズほか
製作総指揮:ロバート・ダウニー・Jr. 、サラ・ブラッドショウ、ザカリー・ロス
製作:ジョー・ロス、ジェフ・キルシェンバウム、スーザン・ダウニー
監督:スティーヴン・ギャガン
配給:東宝東和
(c)2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.
公式サイト:Dr-Dolittle.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「映画情報」の最新記事

もっとみる