『シロクロ』第6話に高橋ジョージ出演決定 清野菜名の行方を追う捜査一課長役に

『シロクロ』第6話に高橋ジョージ出演決定 清野菜名の行方を追う捜査一課長役に

 読売テレビ・日本テレビ系にて毎週日曜22時30分より放送中のドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』。2月16日放送の第6話に、高橋ジョージが出演することが決定した。

 清野菜名と横浜流星がW主演を務める本作は、忖度や圧力にあふれているグレーな現代、闇に隠された真実を華麗に暴く、令和の最凶バディの活躍を描くオリジナルドラマ。清野が、囲碁棋士の川田レンと世の中のグレーゾーンにシロクロつける謎の存在“ミスパンダ”を演じ、横浜が、大学で精神医学を学びながらメンタリストとして活動する一方、レンを操ってミスパンダに仕立て上げる“飼育員さん”でもある森島直輝を演じる。

 前回放送の第5話では、7年前にショッピングモール爆破事件を起こした死刑囚・浜口が護送中に連れ去られる事件が発生。ミスパンダと飼育員さんは、警察から追われることになり、さらには、偽ミスパンダと偽飼育員さんに浜口死刑囚を殺害した濡れ衣をかぶせられ、ミスパンダは指名手配されてしまうことになってしまう。ハブとマングースと呼ばれる警察官のエースコンビがミスパンダの行方を追う。

 高橋は、ハブとマングースの上司役である、捜査一課長の山野辺龍彦役を演じる。本作の出演にあたって、生まれて初めて髪の毛を刈り上げて、役作りに臨んだ。

■放送情報
『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』
日本テレビ系にて、毎週日曜22:30〜23:25放送
出演:清野菜名、横浜流星、要潤、白石聖、山崎樹範、山口紗弥加、佐藤二朗
監督:遠藤光貴
脚本:佐藤友治、蛭田直美
チーフプロデューサー:岡本浩一(読売テレビ)
プロデューサー:福田浩之(読売テレビ)、馬場三輝(ケイファクトリー)、千葉行利(ケイファクトリー)
共同プロデューサー:池田健司(日本テレビ)
制作協力:ケイファクトリー
制作著作:読売テレビ
(c)読売テレビ

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ