ペドロ・アルモドバル監督もデザインを絶賛 『ペイン・アンド・グローリー』ポスター公開

 ペドロ・アルモドバル監督最新作『ペイン・アンド・グローリー』のポスタービジュアルが公開された。

 アルモドバル監督自身のキャリアにおける葛藤も含め、自伝的な要素もある本作。主演のアントニオ・バンデラスが映画監督役を演じ、昨年の第72回カンヌ国際映画祭で主演男優賞を初受賞、先日発表となった第92回アカデミー賞主演男優賞にノミネート入りも果たした。さらに、アルモドバル監督のミューズであるペネロペ・クルスも出演し、スペインの日差しの下で献身的に息子を育て、家族を明るく支える母親役を演じている。

 脊椎の痛みから生きがいを見出せなくなった世界的映画監督サルバドール(アントニオ・バンデラス)は、心身ともに疲れ、引退同然の生活を余儀なくされていた。そんななか、昔の自分をよく回想するようになる。子供時代と母親、その頃移り住んだバレンシアの村での出来事、マドリッドでの恋と破局……。その痛みは今も消えることなく残っていた中、32年前に撮った作品の上映依頼が届く。思わぬ再会が心を閉ざしていた彼を過去へと翻らせる。

 公開されたポスターでは、水紋のように広がり渦を巻くアルファベットの文字とともにサルバドールやその母の若き頃が切り取られている。自国で作ったデザイン、作品タイトルを世界的に使用することを好み、基本的に変更は認めないアルモドバル監督は、公開された日本版ポスタービジュアルについて、「全体のデザインが気に入っている。特にこの背景の水を連想させる渦のイメージが作品と合っていてよい」とコメントしている。

 なお、アルモドバル監督は本作について「意図したことではなかったが、この作品は3部作の第3章にあたる。『欲望の法則』、『バッド・エデュケーション』、そして『ペイン・アンド・グローリー』……自然と出来上がったこの3部作は完成するまでに32年を要した。すべて主人公は男性で映画監督。そして、どれも“欲望と映画”を題材としたフィクションが物語の柱となっていて、そのフィクションにはそれぞれの作品によって異なる現実が垣間見えてくる。フィクションと人生は表裏一体。人生には常に痛みと欲望が伴う」と語っている。

■公開情報
『ペイン・アンド・グローリー』
初夏、TOHOシネマズ シャンテ、Bunkamura ル・シネマほか全国ロードショー
脚本・監督:ペドロ・アルモドバル
出演:アントニオ・バンデラス、アシエル・エチェアンディア、レオナルド・スバラーニャ、ノラ・ナバス、フリエタ・セラーノ、ペネロペ・クロス
配給:キノフィルムズ/木下グループ
2019/スペイン/スペイン語/113分/5.1ch/カラー/アメリカンビスタ/原題:Dolor y Gloria/字幕翻訳:松浦美奈/R15+
(c)El Deseo.
公式サイト:pain-and-glory.jp

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ