“この世は仕組まれている” トマ・ピケティ原作『21世紀の資本』場面写真&予告編

“この世は仕組まれている” トマ・ピケティ原作『21世紀の資本』場面写真&予告編

 3月20日に公開される映画『21世紀の資本』より、場面写真と予告編が公開された。

 2014年に日本でも発売され話題となった経済学書『21世紀の資本』。フランスの経済学者トマ・ピケティが出版し、史上最も重要な経済学書として世界中から称賛を浴びた。ピケティ自身が監修から出演までこなし、一般の人も五感だけで理解できるよう完全映画化。著名な経済学者とともに、本で実証した理論を難しい数式など一切使わずに映像で表現した。劇中では、『ウォール街』『プライドと偏見』『レ・ミゼラブル』『ザ・シンプソンズ』などの映画や小説、ポップカルチャーなどをふんだんに使って、過去300年の世界各国の歴史を“資本”の観点から切り取っている。

 また、本作の音楽を担当するのはフランスのエレクトロポップ・デュオ、エール(Air)のジャン=ブノワ・ダンケル。ソフィア・コッポラ監督作品『ヴァージン・スーサイズ』の音楽を担当するなどマルチな活動で知られている。

映画『21世紀の資本』予告編

 公開された予告編では、「お金」「格差」「権力」「貧困」という現代を象徴するようなパワーワードの数々が冒頭から目に飛び込んでくる。そして、原作者であるトマ・ピケティ「21世紀は恐ろしい時代に突入する。それは歴史が証明している」と明言。映像は、18世紀の貴族制、第二次世界大戦、レーガン元大統領の有名なフレーズ「アメリカを再び偉大に!」など、過去300年のフッテージを映し出し、社会を混沌とさせた出来事をなぞりながら、“この世は仕組まれている”という、衝撃の真実に迫っていく。

Arrow
Arrow
ArrowArrow
Slider

■公開情報
『21世紀の資本』
3月20日(金)より新宿シネマカリテほか全国順次公開
監督:ジャスティン・ペンバートン
監修:トマ・ピケティ
製作:マシュー・メトカルフ 
原作:トマ・ピケティ『21世紀の資本』(みすず書房)
出演:トマ・ピケティ、ジョセフ・E・ステイグリッツ
提供:竹書房
配給:アンプラグド
2019年/フランス=ニュージーランド/英語・フランス語/ 103分/カラー/シネスコ/5.1ch/日本語字幕:山形浩生
(c)2019 GFC (CAPITAL) Limited & Upside SAS. All rights reserved.

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

音楽記事ピックアップ